阪神に新外国人のキャンベルをいつ、どこで使うのか?(写真・黒田文夫)

写真拡大

阪神が首位の広島を相手にカード勝ち越しを決めて8勝5敗と波に乗っている。金本監督は、打線改造や大胆な代打策など積極的に動いているが、ここにきて悩ましい問題が浮上してきた。右手首を傷めて開幕に間に合わなかった新外国人のエリック・キャンベル(30)がファームで完全復帰。いつでも昇格OKのコンディションになっているが、1軍では使うポジションが空いていないのだ。

 キャンベルは12日の2軍のソフトバンク戦から実戦復帰、当初は、本職のサードで起用され、ここまで5試合に出場、打率.308、1打点、1得点の数字を残している。
 掛布2軍監督も、「一発はないが、とんでもないボールは振らない。ポイントが手前にあり、選球眼がいいので、1軍の投手に対してどうかは経験が必要だとは思うが、大崩れはしないのかもしれない。バットに角度があるので右方向にもいい打球を打つ。また二塁走者で、微妙な打球に対して、根拠のある走塁で本塁を落とした。メジャーでプレーしているだけあって野球を知っているし、三塁の守備についても不安はない」と、キャンベルを評価しているが、金本監督が1軍昇格を即決できない理由がある。

 まずサードは、一時、首位打者になるほど絶好調の鳥谷敬(35)が、今や不動の存在。キャンベルは一塁でもファームで試合に出ているが、一塁には、16日の広島で決勝タイムリーを放った原口文仁(25)がいて外せない。金本監督も、原口に関しては「信頼して5番に置いている」と今のポジションを動かすつもりはない。メジャーでは、外野経験のあるキャンベルは、今後、レフトでもテストされる予定だと言うが、レフトでは、2年目の高山俊(23)が結果を出している。

 キャンベルはキャンプではセカンドにも入ったが、サードの守備はうまいが、セカンドは心許ない。
 そうなると、キャンベルを使うためには、原口をキャッチャーに動かして一塁を空けるか、鳥谷を本職のショートに戻して、三塁を空けて、ショートでスタメン起用されているルーキーの糸原健斗(24)をセカンドへ回すという、“ガラガラポン”の大コンバートに踏み切るしかない。
 

 だが、まだ、そこまでチームは、緊急事態に追い込まれていないし、もしそれほどまで大きなコンバートを行えばリスクを伴う。ただでさえ、キャンプの準備不足で、失策が目立っている守乱に拍車をかける事態にもなりかねない。

 キャンベルを起用するならば、代打ではなく日本野球へ適応させるためにも打席数の多いスタメンでなければ意味はないのだろう。しかし、今のところ、その場所がないという悩ましい問題があるのだ。

 そもそも、ゴメスに代わる「一塁の大砲」がチームのウイークポイントだったが、しっかりとしたビジョンを抱かずにフロントが編成、補強をしているから、こういう問題が起きるとも言える。
 この先、キャンベルの起用法に確固たる指針を作っておかねば、そのうち、キャンベルが“話が違う”“2軍で野球をしにきたわけではない”などと反旗を掲げる可能性もなきにしもあらずだ。

 チームが好調ゆえの嬉しい悲鳴といえば、角の立たない言い方だが、まだ海のものとも山のものともわからない新外国人のキャンベルとはいえ、宝の持ち腐れにならないようにしなければ、もったいない。
 キャンベルをいつ、どこで使うか。今日からの中日戦に備え、金本監督はキャンベルの1軍昇格を決断しなかった。チームにプラスアルファをもたらす新外国人の起用法は、果たして、いつどんな形で発令されるのだろうか。

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)