トルコの首都アンカラにある大統領宮殿で、支持者を前に演説するレジェプ・タイップ・エルドアン大統領(2017年4月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】トルコの大統領権限を強化する憲法改正が国民投票で承認されたことを受け、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は17日、長く行き詰まっている欧州連合(EU)への加盟交渉継続の是非を問う国民投票の実施を示唆した。

 エルドアン大統領は、首都アンカラ(Ankara)の大統領宮殿前に集まった支持者らを前に、トルコがかねてEU加盟を目指して尽力してきたことに言及し、「54年間、EUはその門前でわが国に何を強いてきたか? 待つことだ!」と語気を強めた。

 EU首脳らが示した、加盟交渉の凍結も辞さない姿勢に反発し、「われわれは腰を据えて話し合い、それ(EU加盟交渉継続)に関する国民投票を実施することもできる!」と表明。

 その上でエルドアン氏は、こうした国民投票を、昨年に英国が実施したEU離脱の是非をめぐる投票になぞらえた。英国の国民投票では、今回のトルコの国民投票と同じような小差でEU離脱が決まった。

 またエルドアン氏は同じ演説の中で、死刑制度を復活させる法案が自身に提出されれば、承認する意向を表明。必要に応じて、死刑に関する国民投票を行うことも可能だと話した。

 トルコは2004年、EUへの加盟条件を満たすという理由で、死刑制度を廃止。EUはトルコに対し、死刑制度を復活させれば加盟交渉は即刻決裂すると警告している。

 反エルドアン派は、今回の国民投票によって同大統領が独裁体制を敷くことも可能になったと危惧しており、野党勢力からは今回の国民投票の無効を求める声が上がっている。国際的な監視団体も、国民投票運動と開票をめぐる懸念を表明している。

 反対派は、国民投票前のテレビ・ラジオでは賛成派の訴えばかりがあふれ、全土の掲示板も独占状態にあったとして、不公平な運動だったと苦情を申し立てていた。

 欧州安保協力機構(OSCE)の選挙監視機関である民主制度人権事務所(ODIHR)と、欧州評議会議員会議(PACE)は共同声明で、国民投票の運動は「不平等な場」で行われ、開票自体も、直近になって行われた手続き変更により悪影響を受けたと指摘している。
【翻訳編集】AFPBB News