早起き。朝6時から爆音でワークアウトするオージーガール

写真拡大 (全2枚)

日々のジム通いで、ただ黙々とダンベルでトレーニング──。それだけじゃ、もうもの足りない。

いまオーストラリアで人気爆発中なのが、音楽をガンガンにかけてみんなでエクササイズする、新しいタイプのクロスフィットです。

ガンガンにかかる音楽のなか、とにかく体を動かし続ける45分間

爆音でかかる音楽のなか、思いっきり体を動かすのは爽快。

私が今年から通いはじめたのが、アメリカから満を持してオーストラリアに上陸した、クロスフィットジム「F45」です。

45分のプログラムには、ケトルベルやダンベルなどの重量上げ、バイクやローイングなどの有酸素運動、腹筋や背筋を鍛えるワークアウトといったメニューがぎっしり。

それをナイトクラブでかかっているような、おなじみのヒット曲が流れるなか、仲間と一緒にこなしていくのです。

途中にある1分間の水分補給以外、とにかく体を動かし続けます。

頭と体を同時にデトックス。アドレナリン放出しまくり

私が通っているのは朝6時からのクラス。

まだあたりが薄暗いなか、大音量で流れる音楽に合わせ、27個のステーションからなる異なるワークアウトをこなしていきます。

ケイティー・ペリーやジャスティン・ビーバーなどの最新のポップミュージックをはじめ、ロックやディスコ、ハウスなど、音楽のジャンルはとにかく何でもあり。

起きたての体や脳はしばらくのうちはぼーっとしていますが、はじめればすぐにスイッチオン。普通のジムで黙々とエクササイズに励むよりも、アドレナリンが放出できている感じがします。

チームトレーニングは達成感がすごい

単調なワークアウトはすぐに飽きてしまいがちですが、仲間と一緒に挑戦する難易度の高いワークアウトはとても新鮮。

イヤホンをつけて音楽を聴きながら1人でワークアウトするときには感じられない、一体感や達成感を感じられます。

常にだれかと競い合ってワークウアウトに励むことができるので、モチベーションもアップ。

ビートのきいた音楽に合わせ、全身をフル稼働させてゲーム感覚で取り組めるクロスフィット。日本では「ReebokCrossFit」で、体験することができます。

[F45 Training -Team Training, Life Changing, CrossFit Roppongi-United by Fitness]

こちらも読まれています

・ランチも仕事後も。サンフランシスコ女子がワークアウト漬けな理由

・なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored

・自分から誘ってもいい。生理周期にあわせてセックスをもっと楽しむ #sponsored