3組に1組の夫婦が離婚していると言われている昨今、まさか自分が離婚するなんて結婚前には考えませんよね? 離婚とならなくても別居になってしまう人だっています。
今回は結婚に失敗しやすい人の特徴を紹介。盛り上がった勢いで結婚に踏み込むのも大いにいいけど、結婚前に一度冷静に考える時間も持った方がいいかも。

結婚に焦りすぎているときの判断は危険

結婚適齢期になり、少しずつ「結婚したいなあ」から「結婚しなきゃ」と考えが変ってしまうと変に焦ってしまいますよね。焦りから相手のことをよく知らないまま勢いで結婚、となれば後悔することも。
淡白な人だと思ってたのに、じつは情深い人だったなど結果オーライのことあるけど、優しそうに見えていたのにじつはモラハラだったとか、自立してそうだったのにかなりのマザコンだった……などの可能性も。
あなた自身我慢強いのなら結婚生活も続くかもしれませんが、我慢が限界をむかえてしまうとどうしても別居や離婚という方向になりがち……。結婚したくても相手の中身を知らないままは危険かも。

楽したいから結婚したい

「はやく結婚して仕事辞めたい!」と、楽をしたいから結婚をしようとする女子もいますが、「結婚=仕事より楽」と考えている時点で将来結婚で失敗すること間違いなしな気がします。
そういう女子に限って、結婚後お望み通りの専業主婦になったにもかかわらず、旦那に「たまには家事手伝ってよ!」とか「毎日毎日家事で疲れた……たまには休みたい」というんです。結局常に不満。そうなると結婚生活も長く続くかは微妙ですよね。

浮気性

どちらかが浮気性で、ことあるごとに浮気が原因で揉めごとを起こしていると、結婚後もそのことで揉めます。結婚してパタリと浮気しなくなる人もいますが、それはかなりまれ。浮気性の人は一生浮気すると思ったほうがいいです。
浮気性の人と結婚する場合はある程度浮気容認する気持ちがないと続かないかも……。じゃないとお互い疲れます。

我が強い

我が強すぎる人も結婚は難しいかも。芯は強いけど物腰の柔らかい人はいいですが、常に自分が中心で自分が一番じゃないと気が済まないタイプだと常に相手と意見が衝突するか、相手が我慢しないと関係は続きません。
結婚はひとり暮らしではないのでお互い譲り合いは必要。それができないというのなら結婚は向いてないのかも。

条件だけで人を見る人

理想だけで結婚相手を選んでいる場合も危険。たしかに結婚に条件も大事ですが彼との相性や彼の人間性も見ないと、結婚後相手の条件が崩れてしまった結婚生活を続けるのは難しいかも。
たとえば、高収入に目がくらんで結婚したのに彼が失業したとか、イケメンでスタイル抜群の彼に一目惚れして結婚したのに彼がどんどん太ってダサくなった……などのときにそれでも一緒に生活できるかどうかって彼の中身を好きかどうかですよね。