【詳細】他の写真はこちら

クルマの中でついウトウトしてしまうのって私だけじゃないですよね?

なかなか寝付いてくれない赤ちゃんと、それに困り果てるママ&パパ……小さなお子さんがいる家庭ではありがちな光景かもしれません。そんな状況を打開するべく立ち上がったのが、アメリカの自動車メーカーのフォード(Ford)。赤ちゃんにスヤスヤと寝てもらうため、スペインのデザインスタジオと共同で車の振動と音を再現したベビーベッド『MAX Motor Dreams』を開発したんだそうです。自動車メーカーならではのアイデアで、赤ちゃんを安眠させられるというのですが……はてさて?

安眠の秘密はドライブにアリ





フォードいわく、「赤ちゃんはドライブに連れ出すと眠ることがよくある」とのこと。そんなわけで、この『MAX Motor Dreams』にはドライブ中の環境を再現する仕組みが多数搭載されているんだそう。自分が赤ちゃんの時はどうだったか思い出せませんが、なんとなく言いたいことはわかる気がします。



ドライブ中の環境を再現する仕組みがどんなものかというと、例えば『MAX Motor Dreams』の下部にはスピーカーが搭載され、クルマのエンジンからのノイズを再現できるようになっていますし、縁の部分はまるで「街灯の光」のようにオレンジ色に光ります。スッスッと移動する光を横目で見ていると、赤ちゃんを見守っているこちらも不思議とドライブ気分になってしまいそうです。

パパやママのドライブ記録を自宅で再現することも





さらに面白いポイントは、このベビーベッドとスマホを連携させて「実際の走行中に記録したドライブの振動と音を再現」できるというところ。スマホのアプリでドライブ中の振動や音を記録しておき、自宅に帰って『MAX Motor Dreams』と同期することで、ドライブ中の振動と音をベビーベッドで再現できるんです。家の近所を運転している時の環境を再現すると、赤ちゃんもより落ち着いて眠れる、のかな?



さらなる展開を期待したい





今回の『MAX Motor Dreams』は試験的に作られたもので、現時点では市販の予定はありません。とはいえ、鉄道や飛行機を再現するバージョンなどバリエーション展開もいろいろ考えられそう。公式サイトには「多くの反響を受け現在市販化を検討中」とあり、もしかしたら商品化が実現するかもしれません。

文/塚本直樹

関連サイト



『MAX Motor Dreams』情報ページ

関連記事



空の旅で疲れ果てる前に。ダンボール製の居眠りスタンド『The PowerSiesta』

持ち運ぶ和室!? 和の心を体現した『NOMADIC LIFE』ってナンだ?

プライバシー確保で雑魚寝の部屋でも安眠。室内用「ベッド・テント」