夫婦質問に無言で会釈した松田龍平 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 俳優の松田龍平(33)が17日、都内で行われた映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』完成披露舞台あいさつに出席。退場時に、2月に別居と離婚の意向が一部で報じられた妻で女優・太田莉菜(29)について聞かれるも、無言で会釈して会場を後にした。

【集合ショット】舞台あいさつには、田中哲司、池松壮亮らも登壇

 松田と太田は2月23日発売の『女性セブン』で、昨年夏ごろから別居状態となり、近く離婚する意向であると報じられた。松田の所属事務所は当時、ORICON NEWSの取材に対し「本人から別居の報告を受けています」とコメント。松田は、3月に自身のインスタグラムに太田の写真を掲載し「僕の大切な人であり、逞しい母です」とメッセージを公開していた。

 同作は、最果タヒ氏の詩集を実写映画化。東京を舞台に、都会で暮らす若者たちの出会いと恋の始まりを描く。メガホンをとった石井裕也監督(33)とは『舟を編む』以来のタッグを組んだ松田は「今の石井裕也の近くにいたいなっていうときだったので、運命を感じざるを得ないという感じ」と話し、石井監督も「いつ仕事で再会するのかと思っていた、この映画でよかった」と返していた。

 舞台あいさつにはそのほか、池松壮亮(26)、松田龍平(33)、田中哲司(51)が出席した。5月13日より新宿ピカデリー、ユーロスペースにて先行公開、5月27日より全国公開。