ヤフー株式会社は、ウェブ翻訳サービス「Yahoo!翻訳」の提供を2017年6月29日に終了すると発表した。同社は機械翻訳技術の発展により言語間の壁を低くすることを目標に掲げ、2005年より「Yahoo!翻訳」サービスを提供していた。

同社がサービスの終了を決断した理由としては、既に複数の機械翻訳サービスが理想的な進化を遂げ、ユーザーはより自然でニーズに合ったサービスを選べる時代になったことを言及。そのため、機械翻訳利用のすそ野を広げることを目指してきた「Yahoo!翻訳」は役目を終えたと考え、同サービスの終了を発表するに至った。

また、Yahoo!翻訳に代わるサービスとして、他社が提供する「Google 翻訳」「Weblio翻訳」「エキサイト翻訳」「infoseekマルチ翻訳」 「Bing翻訳」「So-net翻訳」の6つの翻訳サービスも紹介しながら、ユーザーに対しては感謝の意を表し、他社のサービスに未来を託すこととなった。

発表資料
URL:http://honyaku.yahoo.co.jp/info
2017/04/17