パク・ボヨン&ZE:A ヒョンシク&ジス出演、大ヒットラブコメディ「力の強い女ト・ボンスン」6月より衛星劇場にて日本初放送!

写真拡大

韓国で大ヒットを記録し、4月15日に最終回を迎えた「力の強い女ト・ボンスン」が早くも6月からCSチャンネル衛星劇場で日本初放送されることが決定した。

「力の強い女ト・ボンスン」は、先天的にとんでもない怪力を持つ女性ト・ボンスンが、変わり者のゲーム会社CEOと、正義感あふれる熱血刑事との間で繰り広げるラブコメディ。

「ああ、私の幽霊さま」のパク・ボヨンが主人公の怪力女子を演じ「上流社会」「花郎(ファラン)」のZE:A ヒョンシク、「ドクターズ」「麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のジスといった若手のイケメンスターが豪華共演。2017年2月末から、総合編成チャンネルJTBCで放送がスタートし、JTBCのドラマとしては史上最高の視聴率を叩き出した。

■放送情報
「力の強い女ト・ボンスン」(原題)
CS衛星劇場にて、6月より日本初放送
2017年/全16話/JTBC

演出:イ・ヒョンミン
脚本:ペク・ミギョン
出演:パク・ボヨン、ヒョンシク(ZE:A)、ジス
(C)JTBC co.,Ltd all rights reserved

<ストーリー>
ト・ボンスン(パク・ボヨン) は先祖代々続く怪力を持つ女の子。しかし、自分の利益のために使おうとすると力は消えてしまうため、その力を隠して生きてきた。夢はRPGゲームを作って自分のキャラクターで思いきり戦うことだが、今は幼なじみの刑事・グクドゥ(ジス) に片想いしながら就活に励む日々を送っている。

一方、ゲーム会社のCEOで大企業オソングループの御曹司ミンヒョク(ZE:A ヒョンシク) は、偶然ボンスンの怪力を見てしまう。脅迫犯に付きまとわれているミンヒョクは自分のボディガードにボンスンを採用し、もし脅迫犯を捕まえたら企画開発チームに採用すると提案する。そんなとき町で殺人事件が発生し、偶然犯人を目撃してしまったボンスン。目撃者を保護する目的で、憧れのグクドゥがボンスンを守ることに。ボンスンの怪力を知らないグクドゥは心配になってボンスンのもとを訪ねる。そこにはミンヒョクと一緒にいるボンスンの姿が。ミンヒョクを守るボンスン、ボンスンを守るグクドゥ、果たして3人の関係は……?!

■関連サイト
番組公式サイト:http://www.eigeki.com/topics?action=detail&topic_id=1638