写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通および富士通クライアントコンピューティングは17日、法人向けPCとして、タブレット / ノートPC / ワークステーション / デスクトップPC / シンクライアント端末など、6シリーズ6機種を発表した。4月中旬に順次発売する。価格は131,000円から(税別)。

タブレットでは、手のひら静脈を使ったスライド式静脈認証機能「FUJITSU Biometric Authentication Slide Passport」を搭載した10.1型タブレット「ARROWS Tab Q507/P-SP」を追加する。静脈センサーは、富士通と、富士通研究所が技術開発し、大日本印刷が量産化した幅8mmの光学ユニットを採用。タブレットの額縁に搭載することが可能となった。本体はIPX4の防滴、IPX5の防塵にも対応するので、ビジネスシーンで役立つ。

ノートPCには13.3型のウルトラモバイル「LIFEBOOK S937/P」を追加。デスクトップPCには多機能モデル「ESPRIMO D587/R」と、ウルトラスモールモデル「ESPRIMO Q556/R」を追加。強化点は、追加されるモデルに第7世代Intel Coreシリーズを搭載すること。

ワークステーション「CELSIUS」では、17.3型のモバイルワークステーション「CELSIUS H970」を追加。第7世代Intel Xeon E3-1500 v6を搭載し、「NVIDIA VR READY」に対応したNVIDIA Quadro P4000が搭載可能。最新のCADや解析シミュレーションなどのアプリケーションを快適に使用できるとする。

シンクライアント端末「FUJITSU Thin Client FUTRO」には、重量799gの世界最軽量13.3型モバイル型シンクライアント端末「FUTRO MU937」を新規で提供し、ラインナップの強化を図る。約15mmと薄い本体ながら、加圧試験や落下試験などの厳しい試験をクリアし、軽さと堅牢性を両立。セキュリティ面においては指紋センサーを標準搭載。カスタムメイドすることで、手のひら静脈センサーの内蔵も可能。

発表された製品と価格、出荷時期は下記の通り。

(リアクション)