プレナスなでしこリーグ1部の第3節が15日と16日に行われた。

 日テレ・ベレーザは多摩市立陸上競技場でアルビレックス新潟レディースと対戦。前半21分に10番FW籾木結花の今季初ゴールとなったPKで先制すると、後半15分にはMF阪口夢穂が加点。2-0で勝利し、3連勝を決めた。

 日テレと首位で並ぶINAC神戸レオネッサもノエビアスタジアム神戸で浦和レッドダイヤモンズレディースに2-0で勝利。前半終了間際にDF三宅史織がCKを頭で合わせると、後半20分にはMF中島依美がDF守屋都弥のシュートのポスト跳ね返りを押し込んだ。日テレとINACは2節連続で首位タイとなった。

 4位・AC長野パルセイロ・レディースは長野Uスタジアムで3位・マイナビベガルタ仙台レディースと対戦して1-0で勝利。勝ち点6で並ぶと、得点差で上回って順位を逆転した。

 最下位で唯一勝ち点を挙げれていなかったちふれASエルフェン埼玉は敵地でノジマステラ神奈川相模原と1-1で引き分け。初勝ち点を積み上げると、8位に浮上。日テレに敗れた新潟が9位に後退し、敵地でジェフユナイテッド市原・千葉レディースに1-2で敗れた伊賀フットボールクラブくノ一が最下位に落ちている。

 第4節は22日と23日に行う。

第3節

4月15日(土)

日テレ 2-0 新潟L [多摩陸上]

AC長野 1-0 マイナビ [長野U]

I神戸 2-0 浦和 [ノエスタ]

4月16日(日)

ジェフL 2-1 伊賀FC [東金ア]

ノジマ 1-1 ちふれ [ギオンス]


●なでしこリーグ2017特設ページ