北朝鮮が、偽造した書類を使って南太平洋のフィジー共和国で船舶の登録を行っていたことが明らかになり、フィジー警察当局が捜査に乗り出している。

米国の北朝鮮専門ニュースサイト、NKニュースによると、今年の1月から2月にかけて、北朝鮮と関連のある船舶が、フィジー船籍を取得する事例が急増。その数は20隻以上に及ぶという。現地紙のフィジー・サンによると、同国の警察当局は、登録にあたって偽造された書類が使われたと見て、捜査に乗り出した。

また、同国の海運安全局は、フィジー警察と、アジア太平洋地域の船舶を管理監督する東京MOUなど関係各所に対して、この件を通告した。

フィジーは、船舶を所有する会社が自国ではなく、パナマ、リベリア、バハマなど税金が安い国で船舶を登録する「便宜置籍」を認めていない。北朝鮮の船舶が、フィジー国旗を掲げて航行するのは詐欺行為にあたると警察関係者は述べている。

この問題が明るみに出るにつれ、フィジー船籍を抹消する北朝鮮船舶が増加しているとNKニュースは報じた。

国連安全保障理事会は、核・ミサイル関連など禁輸物資を積んだ疑いがあるとして、対北朝鮮制裁決議で、複数の北朝鮮船舶をその対象に指定している。北朝鮮は、制裁逃れのために様々な手法を用いているが、船籍偽装もその一つだ。

北朝鮮は昨年、国家体制の盲点を悪用し、自国の船舶の15%にあたる50隻以上をタンザニア船籍として登録し、航行していたことが発覚している。