「準中型自動車免許」は18歳から取得可能

今年の3月12日、10年ぶりの免許制度の変更があった。今回の変更の目玉は、「準中型自動車免許」の新設。「準中型自動車免許」で運転できるのは、車両総重量7.5t未満、最大積載量4.5t未満、乗車定員10人以下のクルマ。

つまり、この免許を取得すれば、宅配便やコンビニの配送用トラックでよく見かける、いわゆる2tトラックが運転できるようになる(※2tトラックの「2t」」とは、最大積載量であり、免許証に書かれている「中型車は中型車(8t)に限る」の「8t」は車両総重量のことなので要注意)。

近年、通信販売の需要が増えてきたこともあり、トラック業界では深刻なドライバー不足が続いていた。

しかし、従来の免許制度では、総重量5t以上11t未満のクルマを運転できる「中型免許」は、普通免許取得から2年以上が経過していないと取得することができなかった。

それに対して今回新設された「準中型自動車免許」は、普通免許と同じく、18歳から取得できるようにしたのがミソ。

これで運送業界などの要望に応え、高校を卒業したばかりの新入社員でも、中型トラックを運転できるようになったというわけ。その反面、普通免許で乗れるクルマは、これまで車体総重量=5t未満だったのが、新しい制度では、3.5t未満に制限される(最大積載量も3t未満→2t未満)。

では、今年3月12日以前に、普通自動車免許を修得していた人はどうなるのか? まず、平成19年以前に普通免許を取っていた人は、すでに車両総重量8t(最大積載量5t・乗車定員10人以下)まで運転可能な「中型免許」に切り替わっているので、影響なし(=従来どおり)。

一方、平成19年から今年の3月以前に普通自動車免許を取得した人は、次の更新時には自動的に「準中型(5t限定)」に格上げ(?)になる。つまり、車両総重量でいえば5t未満→7.5t未満、最大積載量3t未満→4.5t未満と少し幅が広がり、ちょっぴり得した気分に!?

運転する気があるなら最初から普通でなく準中型を取ったほうが得

なお、統計的には、1万台あたりのトラックなど事業用貨物自動車による死亡事故は、いわゆる7tトラックから死亡事故が増加する傾向があることがわかっているが、免許制度が変わったからといって、いきなり大きなトラックに乗るのは、リスクも高い。もしもこうしたトラックに乗ることになったら、慣れるまで(慣れてからも)くれぐれも安全運転で。

乗用車しか運転しないという人には、ほとんど関係ないかもしれないが、これから免許をとる人で、将来2tトラックや2tトラックベースの建築関係の資材車、キャンピングカーなどを運転する予定のある人は、はじめて免許をとるときから、普通免許ではなく準中型免許を取得しておいた方がいいだろう(教習所の費用は、普通車プラス4万円前後が相場)。

もうひとつ、「高齢者の事故防止」のための変更もあった。東京都で発生した自動車事故で、65歳以上の高齢ドライバーが関わったのは、2006年が11.6%だったのに対し、2015年は21.5%と、約2倍。こうした事故を減らすために、75歳以上のドライバーに、3年に1度の免許更新時に義務づけている認知機能検査を、新制度では、免許更新時に加え、信号を無視したり、一時停止をしなかったりといった交通違反をした場合に、臨時に認知機能検査を受けさせるように制度を改革。

この検査で認知症のおそれがあるとなれば、医師の診断が必要になる。