【なぜだ】丁寧にネコの絵を描いたのに「アライグマ」だと思われた! ヘタ絵をイラストに変換してくれる話題の「オートドロー」が無慈悲

写真拡大

どんなにヘタクソな絵でも美しいイラストへと変換してくれるという、Googleの新サービス「オートドロー(AutoDraw)」。

ユーザーがウェブ上に描いた絵を、AI(人工知能)が解析して判別。ハイクオリティーなイラストにちゃちゃっとお直ししてくれるというこちらのお絵かきサービスは、嬉しいことに無料です。ってなわけで、さっそく遊んでみることにしましたよ〜!

【ネコちゃんを描いてみたよ】

サイトにアクセス、わたしが描いたのはだ〜い好きなネコの絵です。ええ、誰がなんと言ってもネコ、です。

画面のツールバーにある、キラキラした鉛筆のアイコン「Auto Draw」をクリックしてカラーを選んだら、さっそくお絵かき開始! 描き始めるや否や、画面上部に「ネズミかな? それともウサギかな?」といった具合に、いくつか候補が挙げられます。より近いとAIが判断したものには黄色い星マークがついています。

描き終わったら、ユーザーは好みのものをポチッとクリックするだけ。すると即座に、華麗にキレイにブラッシュアップされたイラストが出てくるというわけなのです〜。

【結果:ネコってわかってもらえませんでした】

……しかし残念なことに、AIたんはわたしが描いたネコの絵を、「ネコ」だと判別してくれませんでした。

候補として出てきたのは「アライグマ」「犬」「ウサギ」「ネズミ」などなど……んも〜、AIたんてばお茶目なんだからあ! どう見たってネコでしょ〜! プンプン!

【絵心がない →AIたんがわかってくれない】

続いて、Pouch編集部の女性スタッフもお絵かきに挑戦。描いたのはドラえもんだったはずなのですが、AIたんには「カタツムリかな? それとも脳みそ?」と判別されてしまったようです。

とまあ、このように絵心のない人にとっては正しく判別してもらうだけでも一苦労。しかしながらそれもまた楽しいので、ぜひとも遊んでみてくださいっ☆

参照元:AutoDraw
執筆・イラスト=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る