16日、中国メディアの観察者網は日本メディアの報道を引用し、中国のホワイトカラーの給与は日本のホワイトカラーを超えたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年4月16日、中国メディアの観察者網は日本経済新聞の報道を引用し、「中国のホワイトカラーの給与が日本のホワイトカラーを超えた」と伝えた。

中国人からすると、日本のホワイトカラーの給与は中国よりずっと高いというイメージだが、最近の中国経済の発展で中国のホワイトカラーの給与は急上昇し、日本をすでに超えたかもしれないという。

記事は、一例として広東省広州市に住む劉沂虹(リウ・イーホン)さん(43)の例を紹介。現在は退職したものの、以前に広州市内で邦銀の関連会社に勤務していた劉さんは、当時の月収が2万6000元(約43万円)で、賞与も年3カ月以上あり、年収は約40万元(約700万円)だったという。

これは、日本の正社員の平均給与485万円を上回っており、日本の女性正社員の平均給与367万円と比べるとほぼ倍にあたり、交通費などの生活費の安さを考えると、日本との開きはさらに大きくなるという。

記事は、中国のホワイトカラーの給与が上昇している理由について、終身雇用や退職金制度などを前提としない中国では、人件費に関わるコスト負担が日本とは異なることにあると指摘。さらに、転職が一般的な中国では、優秀な社員を引き留めようと、給与を上げる企業が多いという。

これに対し、中国のネットユーザーから「こんな給料をもらっている人は中国全土で1%も満たない」「これは大都市の給与であって、小都市では年収6万元(約100万円)程度だ」などのコメントが寄せられ、あくまでごく一部にすぎないとの意見が多かった。

また、「給料が上がるのが早いのは、不動産価格が上がるのが早いからだ」「なんだかまた(自分が)みんなの足をかなり引っ張っている気がする」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)