会見であいさつするキム・ヨナさん=17日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】2018年平昌冬季五輪の聖火リレーが11月1日に始まる。7500人の走者が聖火をつなぎながら101日間かけ、韓国内の2018キロを走って平昌を目指す。

 平昌冬季五輪・パラリンピックの大会組織委員会は17日、ソウル市内で会見を開き、「聖火リレー経路および聖火リレー走者選抜計画」を公開した。会見には李熙範(イ・ヒボム)組織委委員長のほか、バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストで平昌五輪広報大使のキム・ヨナさんらがも出席した。
 世界に平昌五輪の開始を知らせる聖火リレーは「皆を輝かせる火花(Let Everyone Shine)」をスローガンとして掲げた。
 聖火は10月24日にギリシャ・オリンピアで採火され、1週間かけてギリシャを回り、10月31日にアテネのパナシナイコ競技場で平昌からの代表団に引き渡される。
 開催100日前となる11月1日に仁川国際空港に到着する聖火は歓迎行事が行われた後、101日間かけて韓国全土を回る。
 仁川空港に到着した聖火は済州島に渡り、2018年2月9日の五輪開幕当日に平昌に到着する予定だ。
 聖火リレーでは列車、飛行機、船、自転車などの交通手段以外に、海底歩行ロボットや亀甲船、海上ケーブルカー、蒸気機関車なども利用される予定だ。
 組織委はまた、文化、環境、平和、情報通信技術など5種類のテーマで構成された聖火リレーも計画している。
 聖火リレーが行われる距離は五輪開催の2018年を記念し、2018キロに決まった。聖火リレーの走者7500人は韓国と北朝鮮の人口(7500万人)を象徴し、補助走者2018人は平昌五輪の開催年を表す。
 聖火は平昌五輪の開幕式が行われる来年2月9日に聖火台に点火され、17日間に渡り燃え続ける。
 李委員長は「平昌五輪の聖火は5000年の輝かしい歴史が宿る大韓民国の各地の名所を明るく照らすだろう」とした上で、「国民と全世界の人が共に冬季スポーツに向けた夢と情熱に新しい火をつける特別な行事になると思う」と話した。
 広報大使のキムさんは「多くの人が平昌五輪の聖火リレーに参加し、特別な経験をしてほしい」と呼びかけた。
yugiri@yna.co.kr