大宮戦の後半に猛攻を仕掛けた清水だが、結果はドロー。鄭は、勝点1を拾ったことへの価値の大きさを説いた。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

[J1リーグ7節]清水1-1大宮/4月16日/アイスタ

 87分に白崎凌兵のゴールで追いついた清水は、そこから猛攻を仕掛ける。90分には、村田和哉の右クロスをミッチェル・デュークが頭で合わせ「あわや」というシーンまで作った。
 スタジアムのムードを含め、試合終盤の流れは完全に清水へと傾いていた。しかし――。追加点は奪えず、ホームでの今季初勝利は、またも持ち越しとなってしまった。

 エンジンがかかった後半の戦いを見れば“勝てた試合”との見方があって当然だろう。チアゴ・アウベス、M・デュークを投入してからは、白崎や鄭大世、村田らを加えた攻撃が迫力を増し、明らかに得点の匂いが漂っていた。高揚感も多分に影響していたのだろうが、ピッチ外から観る者の目には、どちらかと言うとネガティブな結果に映ってしまいがちだ。

 そんななかでも、選手たちは冷静だった。

「チャンスはあったので、勝ち切ることができれば良かったが、最低限の結果」(白崎)、「負けていないし、ポジティブに捉えないといけない」(松原)。

 まさに、これこそが今の清水があるべき姿なのだろう。もちろん、勝てなかった悔しさはあるはずだ。それでも、現実を受け止め謙虚な姿勢を貫くことこそが大事だと、鄭も同様に力説する。

「僕らはJ2から積み上げてきた戦いで勝負している。全試合で圧倒できるチームではないことは分かっているので、「したたか」にやらなければいけない。その意味でも、負け試合を引き分けにすることは大事。そこを継続してやっていきたい」

 今の清水は、実力的にも、戦力的にもJ1で突出しているわけではない。そして、これは選手たち自身が一番感じているのだろうが、すんなりと白星を積み重ねられるほど甘くはない。高望みはせず、あくまで愚直に戦うスタンスの継続こそがおそらく、ホーム初勝利への近道になるのだろう。

【大阪ダービー】美女サポーターに人気の選手は?

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)