実はモテテク!? 好きな男性と目が合ったら○○せよ!

写真拡大

好きな人とは、できることなら見つめ合いたいもの。でも、視線を合わせることを男性がどう思うのか、気になりますよね。また、好きな人とよく目が合うというのは、相手もこちらを意識していると言うことなのでしょうか? そんな気になる疑問について、心理コーディネーターの織田隼人先生にお答えいただきました。

■視線が交わることについての男女心理

まずは交際経験のある20〜30代の未婚男女に、好きな人や異性と目が合うことについてどう思うのか本音を調査してみました。

◇好きな人とよく目が合うと脈アリ?

好きな人とよく目が合うとうれしくなりますよね。目が合うということは、向こうもこちらを見ているということ……もしかして脈アリサインだったりするのでしょうか? 男女別に見てみましょう。

☆女性の気持ち

まずは未婚女性の本音を聞いてみました。

Q.好きな人とよく目が合うと脈アリだと思いますか?

・思う……18.14%
・どちらかというと思う……51.96%
・どちらかと言うと思わない……17.65%
・思わない……12.25%

脈アリだと思う女性、どちらかと言うと思う女性を合計すると7割以上と、圧倒的に多いようですね。好きな人とは目が合いやすいものだと女性は感じているようです。

☆男性の気持ち

男性はどう感じているのでしょうか。

Q.好きな人とよく目が合うと脈アリだと思いますか?

・思う……29.06%
・どちらかというと思う……51.96%
・どちらかと言うと思わない……17.65%
・思わない……12.25%

なんと男性は「思う」「どちらかというと思う」人が8割以上と言う結果に。女性以上に、よく目が合う女性に対して脈アリだと感じているようです。

◇目が合う人のことを好きになる?

よく目が合う人とは脈アリだと男女ともに感じることが分かりました。では、好意を抱いていなかったのに、頻繁に目が合うことで好きになってしまうことってあるのでしょうか? 男女別に聞いてみました。

☆女性の気持ち

まずは女性の意識を見てみましょう。

Q.よく目が合う異性のことを意識したり好きになったりしますか?

・好きになる……10.29%
・どちらかというと好きになる……45.10%
・どちらかというと好きにならない……31.37%
・好きにならない……13.24%

もっとも多かった回答が「どちらかというと好きになる」というものでした。よく目が合うと嫌でも意識して、好きになったりする女性が多いのかもしれません。「好きになる」と回答した人と合計すると55%を超えました。ただし2番目に多かった回答が「どちらかというと好きにならない」ですので、必ずしも目線が多く合うだけで好きになるわけではなさそうです。

☆男性の気持ち

一方の、男性の意識はどうでしょうか?

Q.よく目が合う異性のことを意識したり好きになったりしますか?

・好きになる……23.65%
・どちらかというと好きになる……46.80%
・どちらかというと好きにならない……17.73%
・好きにならない……11.82%

「どちらかというと好きになる」と答えた人がもっとも多く、その点は女性と一緒でした。しかし、「好きになる」と回答した人と合計すると、7割を超え、女性に比べて男性の方が好きになる可能性がかなり高いという結果に。男性には、目を合わせていくことがモテテクなのかもしれません。

■専門家に聞く! 好きな人と目が合う効果とは

なんだか、目が合う人を好きになる傾向の強い男性。そんなときの男性の心理とはどういったものなのでしょうか? 心理コーディネーターの織田先生に、詳しく解説いただきました。

◇目を合わせるのはモテテク?

先ほどのアンケート結果からは、男性は目を合わせてくる女性のことを好きになりやすい傾向にあるようなので、モテテクと考えられそうなのですが、実際どうなのでしょうか?

1回だけでは普通のことですが、何度も何度も同じ女性と目が合うとじわじわと気になり始めます。ですので、目が合うことはモテテクニックの1つと言えるでしょう。

また、目を合わせるだけではなく、目が合った瞬間にニコッと微笑むとさらに効果は倍増します。目が合うだけだとただ「周囲に目を配っている」だけだと思われますが、ニコッと微笑むと「親しみを感じてもらえている」と男性は感じて、そこから好意に繋がることが多いです。

好きな人とは積極的に目を合わせるようにしていきましょう。(織田先生)

◇男性とよく目が合うのは脈アリ?

やはり男性は目が合う女性のことを好きになりやすいということが分かりました。では、自分とよく目が合う男性は、こちらのことを好きなのでしょうか? 見つめてくるということは脈アリ? そんな男性の心理について織田先生に教えてもらいました。

男性とよく目が合うのは「よく見ているから」です。ですのでただ単によく目が合うだけでは「脈アリ」だとはいえません。目が合ったあとに見つめ合うようになる、つまりじっくりと見られるようになると目と目でコミュニケーションをとる段階に来ているので脈アリ(ただし、大きい脈アリではなく、少し脈アリ程度)と言えるでしょう。

男性がじっと見つめてきても、こちらから見つめ返していない場合には脈アリかどうかは判断がつきません。たとえば、髪の毛が変な方向を向いているとか、いつもとメイクが違うかもと気になっているだけといったことで見ていることも考えられます。

男性は気になったものをじっと見つめる習性があります。男性は女性ほどさっと判断することができないのです。ある女性が好意のある男性に見られていて「脈アリかも」と思っていたら、ただ髪の毛に変な癖がついていてそこが気になって男性が目が離せなかっただけ、ということもあります。

ですので、じっと見つめられている、というだけでは判断できないので、目が合ってそこでお互いに微笑み合うくらいまでいかなければ、脈アリと判断しない方がよいでしょう。(織田先生)

■まとめ

好きな男性がいる場合、自分から積極的に目線を合わせに行くのが有効だと言うことがわかりましたね。織田先生のアドバイスに従って、目が合ったら微笑んでみましょう、好きになってくれるかもしれません。ただし、気になる男性が自分をよく見つめてくるからといって、即「脈アリ!」と浮かれないほうがいいと言うことも分かりました。見つめられた場合は、見つめ返して微笑みましょう。脈アリかどうかも分かるうえに、モテテクなので一石二鳥ですよ!

(監修:織田隼人)