16日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、朝鮮半島情勢が緊迫化し、武力衝突を懸念する声が出る一方、中朝国境の北朝鮮兵士は普段と変わらぬ様子を見せていと報じた。写真は中朝国境。

写真拡大

2017年4月16日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、朝鮮半島情勢が緊迫化し、武力衝突を懸念する声が高まる一方で、中朝国境の北朝鮮兵士は普段と変わらぬ様子を見せていると報じた。

15日の太陽節に行われた軍事パレードで、北朝鮮ナンバー2とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員長が「全面戦争の準備はできている。いかなる敵からの核による威嚇に対しても、核による攻撃で応じる」と発言した。しかし、仏AFP通信の記者によると、中朝国境付近で警備に当たる北朝鮮兵士の大多数は平静を保っており、彼らからは軍事衝突への懸念から生じるであろう異変や緊迫感はうかがえなかったという。

また、中朝国境にある遼寧省丹東市の鴨緑江では遊覧船が通常運行しており、北朝鮮側の岸に近づいて観光客に写真撮影をさせるサービスも健在だという。記事は「現在緊迫している南北国境に比べて、鴨緑江の北朝鮮兵士はリラックスしており日常そのもの。カメラからは兵士たちがたばこを吸いながら自転車の上で本を読んだり、川辺に座ったりする様子が見え、『全面的な核戦争』の緊張感や厳粛さは感じられない。そして、川辺では北朝鮮の住民が洗濯にやって来る姿も見えた」と伝えている。

16日には北朝鮮がミサイル発射に失敗したとの情報が流れたが、記事によると、中朝国境の北朝鮮兵士はこの件についても知らない様子で、発射失敗による動揺は見られなかったという。(翻訳・編集/川尻)