もしもIKEAでヒーローを売っていたら……?

アメリカ、モンタナ州のアーティストSteve Downerさんが、アメコミヒーローのIKEA風説明書を公開し話題になっています。

IKEAの製品組み立て説明書と言えば、どの国のどんな人でも家具を組み立てられるようイラストのみで構成された絵本スタイル。もしもそんなIKEAが運命に導かれしヒーローの誕生を説明書にまとめたらどうなってしまうのか、Steveさんのイラストを確認してみましょう。




こちらはSteve DownerのTwitterアカウントによる投稿。

バットマンの組み立てに必要なもの・バッタラン・バットシグナル・バットモービル・尽きることのないマネー

ほぼ合ってるような気もするけれど、そんな簡単に言わないで……!

ヒーロー達の複雑な人生から複雑さを削ぎ落としたことで生まれた、なんだか短絡的な人物像がシュールです。シンプルな分、バットマンの悲しい子供時代が際立ちます。

ですが……バットマンにはアルフレッドがいましたね。IKEAの説明書ほどに人生をシンプルに整理してみると、本当は大切だったものも見えてくるのかも(?)しれません。他のヒーロー達、例えばスーパーマンやウルヴァリンやスポーンなどの組み立て説明書ならどんな風になるのか、想像が膨らむイラストでした。

・助けて!AutoDrawで宇宙人が描けない!

image: (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
source: Twitter, Downer Illustration

(勝山ケイ素)