恋と友情は別物です。「友達以上には見えない」女性とは

写真拡大



恋と友情は別物です。「友達以上には見えない」女性とは

どんなに仲良くなっても、友達以上に見てもらえなかったら、恋仲に発展することはできません。

男性が「友達以上には見れないな」と思うのはどんな女性なのかを、ちゃんと知っておくのも大事なことでしょう。

そこで今回は、男性から「友達」としてしか見てもらえない原因を紹介します。

■1.「女」を感じられない

「どんなにいい子でも、“女”を感じられないと彼女にはできないですよね。ドキッとしたりする部分もないと、仲のいい友達以上にはなれないと思いますね」(28歳/男性/営業)

「かわいらしい」とは少し違う、ちょっとした色気や、女性らしいやわらかさや気遣い、こういった“女”を感じられない。男性から「友達としてしか見てもらえない」一番の原因がコレかもしれません。たまには、女性らしさや色っぽい一面も見せるようにしないと、ドキッとすることはできないかも。一瞬のときめきもないままでは、恋心も生まれません。

■2.「お笑い担当」になっている

「いつも場を盛り上げたり、楽しませてくれたりするお笑い担当の女性って、一緒にいるとすごく楽しいんですけど、恋人にしたいとは思わないんですよね」(26歳/男性/飲食)

常に場の盛り上げ役やお笑い担当のようなポジションになっている女性。こういう女性と一緒にいると楽しいですし、みんなで集まるような場には絶対に必要不可欠な存在でもあるでしょう。ただ、男性が「自分の彼女にしたい」と感じる女性ではないかも。一緒にいて楽しい気持ちが大きいぶん、友達・仲間という印象が強くなってしまうのです。

■3.付き合いが「長すぎる」

「友達としての付き合いが長くなってくると、なかなか男女の関係にはなりにくいですよね。女性として意識したとしても、言い出しにくくなっちゃいますしね」(26歳/男性/出版)

仲の良い友達としての関係があまりにも長くなると、そこから恋愛に発展させるのはかなり難しくなります。仮にお互いに異性として意識していたとしても、それを打ち明けることへの恥ずかしさや、「今の関係性が壊れてしまうかもしれない」と思うと、なかなか勇気も出ないのです。恋愛関係のなりたいのなら、「友達としてじっくり仲良くなってから」というのは難しいのです。

■4.「男」として見てくれていない

「僕のことを男として見てくれていないと感じると、こっちも女としては見られなくなりますね。そのままだと、友達以上の関係にはなることもないでしょうね」(28歳/男性/公務員)

そもそも自分のことを異性として意識してくれていない女性に対しては、男性もあまり深入りはできません。気のない素振りや素っ気ない感じを受けると、男性は引いてしまうだけ。彼のことが好きだからこそ、恥ずかしさから素っ気ない感じになってしまっているのかもしれませんが、男性にはいい印象に映らないので、注意が必要でしょう。多少は好意を示してあげないと、男性もあなたに好意を抱いてはくれませんよ。

■おわりに

気になる男性がいたら仲良くなることは大事ですが、「友達」としてしか見てもらえないままでは恋人にはなれません。そのことはちゃんと頭の中にも入れて、行動を取るようにするべきですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)