夏休みはアメリカで日食観測

日本旅行は、ベストツアー「アメリカ皆既日食観測8日間の旅」成田発着を2017年4月14日から発売している。出発日は8月19日限定。

日食ビギナーも安心

アメリカ大陸の広範囲で長時間観測できることで注目を浴びている皆既日食を、8月21日にケンタッキー州ホプキンスビルで観測するツアー。夏休み時期かつ観測条件も揃っており、日食ビギナーやファミリーにぴったりだという。

観測地は食分最大地点に近い、日食中心線直下のホプキンスビルのゴルフ場に用意された同社専用エリアで観測できる。解説は宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の大川拓也氏。前日にはリハーサルと観測のポイント等を学べるセミナーを開催し、添乗員に加えて宇宙科学のファンクラブ「sola旅クラブ」スタッフが同行するなど、サポートもバッチリだ。

ツアー後半ではケネディ宇宙センターを見学する。入場制限付きの管制室に入室でき、翌日は元宇宙飛行士が登場する夕食会を開く。

旅行代金は76万9900円(2名1室、大人1人)。