写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTドコモは4月17日、全方位に映像を表示しながら飛行する「浮遊球体ドローンディスプレイ」を、世界で初めて開発したと発表した。

浮遊球体ドローンディスプレイは、環状のフレームにLEDを並べた「LEDフレーム」を高速回転させながら飛行。光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができる。

これまで、ドローンの機体周りに球形のディスプレイを備えると、ドローンのプロペラによる空気の流れをディスプレイが妨げてしまう、ディスプレイ搭載により重量が増加するなどの問題があったが、それを解決したかたちだ。

今後は2018年度の商用化を目指し、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューション(舞台演出、広告および案内などへの活用)としての提供を検討するという。また、4月29日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」にて、デモ飛行を行う予定だ。