ソン・ジェリム、韓国のバイク大会に参加…レーシング選手としての初舞台に“関心集中”

写真拡大

俳優ソン・ジェリムがバイク大会に参加して話題を集めている。

ソン・ジェリムは昨日(16日)、全羅南道(チョンラナムド) 霊岩(ヨンアム) にある韓国インターナショナルサーキット(KIC) で、韓国輸入二輪車環境協会の後援のもと行われたKBSKサポートレースに、DK racingの所属選手として大会に参加した。

普段から趣味でバイクを楽しんでいると知られているソン・ジェリムは、最近ライセンスまで取得し、格別なバイク愛を見せた。特に、2012年SBカップの勝者で、DK racingの監督であり選手として活躍中のチェ・ドングァン選手から、こつこつと教育を受ける情熱を見せたソン・ジェリムは、今大会まで参加することになったという。

関係者は「ソン・ジェリムは俳優ではなく、レーシング選手として初めて出場した今大会で、有名選手たちと一緒に大会に出場することになっただけでも満足している」と述べ、続けて「このようなソン・ジェリムの姿に、一緒に大会に参加した他の選手たちも期待と応援を送っている」と伝えた。

この日行われたKBSK 1ラウンドの様子は、NAVER tv castで中継放送され、22日午前11時のSBSスポーツを通じて韓国で再放送される予定だ。