H.O.T.から神話まで…第1世代アイドルメンバーが続々結婚

写真拡大

アイドルメンバーたちが結婚を決定するのは容易ではないはず。しかしリーダーは違うようだ。第1世代アイドルグループのうち、リーダーたちが続々と結婚した。おかげで残りのメンバーたちも家庭を作りやすい環境になったのではないだろうか。

17日午前、神話(SHINHWA) のリーダーエリックが女優ナ・ヘミとの結婚を発表した。2人は2014年の熱愛説以降、結婚という実を結び、ファンたちの応援を受けている。

1998年にデビューし、音楽界の最長寿アイドルとして活動している神話。番組やマスコミとのインタビューでもいつも結婚の話題が欠かさず登場していたが、そのたびに誰が先に結婚するか、メンバーたちの間でも意見が分かれていた。

そこでリーダーが乗り出した。7月1日ナ・ヘミとの結婚で、エリックは神話の中で初の既婚者タイトルを得ることになった。ミヌ、ヘソン、ドンワン、チョンジン、アンディは、神話での初めての結婚を祝って喜んでいる。

これで第1世代のアイドルにすべて既婚者ができた。H.O.T.もリーダーが率先した。ムン・ヒジュンは2月、音楽界の後輩であるCRAYON POPのソユルと結婚し、H.O.T.初の既婚者となった。

SECHSKIESはウン・ジウォンがスタートを切り、Fin.K.Lもイ・ヒョリがイ・サンスンとのいわゆるスモールウェディングで話題を集めた。一方、S.E.S.のリーダーBadaが1番最後にウェディングドレスを着て、3人のメンバーが共に既婚者になった。

godも最年少のキム・テウと最年長のパク・チュニョンが家庭を作っており、Baby V.O.Xも最年長のキム・イジが2010年に結婚した。

エリックは結婚後も精力的に活動する予定だ。神話側はこの日「2人の将来を嬉しい気持ちで祝福してください。新しい出発を控えたエリックのこれからの活動にもたくさんのご関心と応援をお願いします」と明らかにした。