東京大学謎解き制作集団AnotherVisionの松丸亮吾

写真拡大

フジテレビ系で放送中の「今夜はナゾトレ」(毎週火曜 夜7:00)にナゾクリエイターとして出演中の東京大学謎解き制作集団AnotherVisionの松丸亮吾(21)。彼らが繰り出す問題は、くりぃむしちゅー有田、タカアンドトシ、柳原可奈子らパネラーを毎回唸らせているクオリティーの高い謎解きばかりだ。今回は、視聴者からイケメン東大生としても注目されている松丸にインタビューを敢行。まさしく謎に包まれた彼の本音や同番組の取り組みについて話を聞いた。

【写真を見る】松丸の出題するナゾトレは、くりぃむしちゅー有田、タカアンドトシらパネラーを毎回唸らせる

■ 代表は常に面白いものを作る存在じゃないといけない

ーーAnotherVisionに入ったきっかけは?

高校生の時にやっていた「潜在知力120% クイズ ソモサン⇔セッパ!」(フジテレビ系)が大好きで、この番組が僕の謎解き人生のルーツになっています。その番組に出ていた問題を友だちと出し合っているうちに、自分たちで問題を作る文化ができて、専用のLINEグループを作って出し合ったりしていましたね。大学に入ったら謎解きのサークルがあるかもなって思って探していたら、AnotherVisionの活動を見かけて「俺は面白い問題作れるしちょっと覗いてみるか」って若干上から目線で新歓に行きました(笑)。でも、そこでめちゃくちゃ面白い謎解きに遭遇したんです。それで一気に目が覚めましたね。まだまだ上がいるし、もっと勉強しなきゃって思いました。

ーー代表にはどのような経緯でなったのですか?

創設者である前代表に指名されました。新歓の時に僕が「何百問も謎解きしてきました」って俺できるぜアピールしたのが効いたのか、まだサークルに入って1ヶ月しか経ってない頃にイベントで出題する問題を作らされたり、半年した頃には1つのイベントを任されたり……そういうのをこなしていく内にいつのまにか代表になっていたような感覚です。でも、かなり成長できましたし、今となっては本当にありがたい無茶振りでした(笑)。

ーー代表として気をつけていたことは?

常に面白いものを作る存在じゃないといけないと思っていました。謎解きって面白ければ勝ちで面白くなければ負けなんですよ。そういう勝負の世界でもあって…そうなった時に、代表は「ずっと面白いものを作っている」っていう尊敬の対象であり続けないと団体はうまく回らないなって考えたんです。ただ、威風堂々とすれば良いわけではなく、常にフレンドリーでいようとは心がけていましたね。僕、団体の中ではいじられたりしますし、(笑)。でも、それが一番良かったなって思っていて…たとえば「こうした方が面白いよね」って僕が言った時に反対させないような態度を取るリーダーじゃダメなんですよね。だから僕は常にメンバーへ「面白い、面白くない、分かった、分かってないを明確に言える人間になろう」と伝えていました。

■ 人の公演を見て自分の感覚をブラッシュアップしています

ーー今でもプレイヤーとして謎解きイベントに行くこともあるのですか?

よく遊びに行っていますよ。プレイヤーとして体験することで「ここが優しくないな」とか、「これができたらもっと面白いのに」とか気づくことが多くて…。たとえば、難しいパズルが出題されて、そのパズルを解くのに30分かかるのは単なる作業じゃないですか。それは、ひらめきではない。自分の公演では、そんな難しいパズルじゃなくて、ひらめき1つあれば解けるちょっと変わったパズルを入れようとか、人の公演を見て自分の感覚をブラッシュアップしています。お客さんの視点になることで吸収することが沢山あるんですよ。

ーー謎解きをする方と出題する方どちらが好きですか?

うーん難しいですね。というのも、作る側って、人に「面白い」って言ってもらうことを目的に作っているんですね。ある種、承認欲求が満たされるわけです。逆に問題を解く側って、人の作った問題を解く感動があるじゃないですか。だから楽しむ方向性が違うんですよね。でも、どちらかと言えば出題する側ですかね。

■ 『新しい視点の謎解き』を考えようと常に切磋琢磨しています

ーー『今夜はナゾトレ』で出題している問題はどのように作っているのですか?

コンセプトは誰も見たことがないもの。問題の中にひらめきが1つなきゃいけない。だから既視感のある問題って過去問を解いているのと同じ感覚になってしまうんですよ。それでは面白くない。そうならないために、サークル内でナゾトレ用のチームを結成して、メンバーには毎回必ず1問作ってもらっています。みんな『新しい視点の謎解き』を考えようと常に切磋琢磨しているので、良い問題が多くできていますね。

ーーイベントとはまた違ったテレビ独特の反応を楽しめるのでは?

全国の人が問題を解いて楽しんでいるのがTwitterなどで分かるので、いつもメンバーと喜んでいます。特に小学生や主婦の方って生の謎解きイベントに参加するのはハードルがあると思うのですが、気軽に謎解きを楽しんでもらえているのは嬉しいですね。

ーーレギュラーメンバーに加えて、ロザンの宇治原さんなど毎回強敵も参加していますが、プレッシャーは感じますか?

僕たちは、学歴の高い人や優秀な成績を収めている人に向けて解けない問題を出題したいのではなく、あくまで1つのひらめきで誰でも分かるように作りたいと思っています。だからこそ、答えに導くような伏線やヒントを問題の中にちりばめているんです。小学生でも一定数回答できるような問題を制作するのが難しいですね。

ーー番組に出演したことでAnotherVisionの知名度も爆発的にアップしました。これからの目標を教えてください。

謎解きっていう文化がクイズと比べてまだまだメジャーではないので、全国に広めたいです。「謎解きって誰でも解けるありふれたもので、答えが分かると、こんなにも爽快感があるものなんだよ」っていうのをみんなに知ってもらうことから始めようかと。その結果、どんどん広まってクイズと同列の知名度まで上げることが目標です。

■ AnotherVisionが出題する問題が増量します

ーー5月に番組の関連本が発売されるそうですが、どんな内容になりますか?

番組で出題されたものはもちろん、書き下ろしの問題も入っています。どうすれば読んでいただける方に楽しんでもらえるか、いろいろ考えながら制作しています。『今夜はナゾトレ』が好きな方って、誰かに問題を出したくなる欲求があると思うんですよね。その場合に本があるとすごくやりやすい。出題された方がハマってまた謎解きが広がっていく…。普段テレビを見ない方でも書店で購入してくれたら番組を見るきっかけになるかもしれないですから。

ーー最後に4月18日(火)放送分の見どころを教えてください。

視聴者の方の応援のおかげで、AnotherVisionが出題する問題が増量することになりました。楽しみにしていただければ嬉しいです。あとは、一般の方から謎解きの問題を募集するプロジェクトも始動します。自分でも作ってみたいって思う方も多いと思うのですが、僕たちはそういった方々を歓迎しています。これから、いただいた問題を紹介することも増えると思うので、ぜひ参加してほしいです。