カマタマーレ讃岐のFW原一樹が負傷離脱…全治3〜4週間と発表

写真拡大

 カマタマーレ讃岐は17日、FW原一樹の負傷離脱を公式HPで発表した。

 同選手は、8日に行われた明治安田生命J2リーグ第7節の名古屋グランパス戦で負傷し、左下腿肉離れと診断された。全治は約3〜4週間ほどかかる見込みと発表されている。今季はここまで6試合に出場して、2得点を記録していた。

 19位のカマタマーレ讃岐は、23日に14位のFC岐阜とホームで対戦する。