引退後の身の振り方は?

写真拡大

「体も気力も、全部出し切ったので、今は何も悔いはないです」──4月12日に行なわれた引退会見で吹っ切れた表情を浮かべた浅田真央(26)の健気な姿は、ソチ五輪のフリー演技と同じくお茶の間の中高年の涙を誘った。

 浅田の引退を受け、本誌は50歳以上の男性200人を対象に緊急アンケートを実施した。すると全体の94.5%、実に189人もの“お父さん”たちが「引退を支持する」と回答した。その理由には、こんな言葉が並ぶ。

「真央ちゃんは長年、国民に夢、希望、勇気を与えてくれた。もう十分頑張った」(57歳・会社役員)

「第一線のスポーツ選手としてやっていくには体力の限界だったのだろう。とはいえ、まだ若い。恋をしたり、別の分野で活躍したりしてほしい」(61歳・自営業)

 皆、浅田が「第2の人生」でさらに活躍し、幸せになってほしいと願っているのだ。

「第2の人生」のスタートは7〜8月に行なわれるアイスショー「THE ICE」だ。同公演は浅田が座長を務め、2007年から毎年続けているイベントだ。だが、それ以降の活動については、「未定」である。

 前述のアンケートで「第2の人生としてどう活動してほしいか」も尋ねたところ、1位は「フィギュアスケートのコーチ(57票、28.5%)」、2位が「プロスケーター(41票、20.5%)」、3位が「タレント(21票、10.5%)」という結果に。

 少数意見としては「大学教員。トップアスリートとしての経験を、スポーツ選手だけでなく一般の人たちにも伝授してほしい」(51歳・会社経営)、「看護師。優しそうな真央ちゃんにピッタリ」(50歳・飲食店勤務)などが挙っている。

 すでに一部では、平昌五輪のスポーツキャスターとして招き入れるべく、テレビ局が争奪戦を開始したという報道も出ている。

「真央ちゃんが解説者として韓国に行き、かつてのライバル、キム・ヨナと交流する姿が映し出せれば、それだけで盛り上がる。絶対に他局には取られたくない存在だ」(キー局幹部)

※週刊ポスト2017年4月28日号