画像

写真拡大 (全3枚)

 DeNAとヤマト運輸は藤沢市の限定エリアで、自動運転社会を見据えたオンデマンド配送サービスと買物代行サービスの実用実験を開始する。原則としては有人運転によるサービス運用を行い、2018年を目処に一部の配送区間における自動運転の導入を予定している。

 DeNAとヤマト運輸は、2017年4月17日(月)から2018年3月31日(土)の期間、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験として、新しい受け取り方を検証する2つのサービスを開始する。

 1つは、オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」。お届けの時間帯を10分刻みで指定でき、顧客が荷物を望む時間帯に望む場所で受け取ることができる。

 もう1つは地元商店の商品をインターネット上で一括購入し、運んでもらうことができる買物代行サービス「ロボネコストア」。この2つのサービスを、対象エリアに在住する顧客に試験的に提供する。

 将来の自動運転社会を想定した実験とはなっているが、原則としてはドライバーによる有人運転を行う。運転には、車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を使用する。

 また、両サービスに関してドライバーは荷物の発送・受け取りに関与せず、顧客自身が荷物を車両から取り出す。今回の実用実験の中で両社は、サービス受容性の検証や、サービス利用時の細かな要望収集を行う。

 さらに今後、2018年を目処に一部の配送区間における自動運転の導入を予定している。

MarkeZine編集部[著]