濡れた路面と乾いた路面が混在し、難しいコンディションで始まった中国GP。チームの戦略、そしてドライバーの腕が試され、とても面白いレースでしたよね。 そんな中、完璧な走りでルイス・ハミルトン選手(メルセデス)が今シーズン初優勝!

ハミルトン選手の走りも素晴らしかったのですが、中国GPベストドライバーは、やっぱり16番手スタートから驚異の追い上げを見せ3位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)でしょう!

4月13日(木)発売の「F1速報中国GP号」の各コーナーからも、フェルスタッペン選手への称賛の声が上がっていますよ。

■森脇基恭の〇と×

F1解説でお馴染みの森脇基恭さんが、グランプリ毎に良かったドライバーとイマイチだったドライバーを評価をする「森脇基恭の◯と×」。今回、森脇さんはフェルスタッペン選手に最も大きな◯をつけました。

「追い抜きが難しい今年のマシンで皆が苦労しているなか、最終的に3位表彰台を獲得して見せたドライビングのセンスとテクニックは、素晴らしいのひと言です。」

また、ドライビングテクニックだけでなく、若者らしい真面目さも良かったと語る森脇さん。

「今回キミ・ライコネンは、マシンのフロントが入らなくなった途端にラップタイムが落ちてしまうような場面がありましたが、フェルスタッペンだって当然いろいろなことが起こっていたはず。にもかかわらず、オーバーだとかアンダーだとか無線で文句も言わずに頑張って、しっかりタイムを刻んでいました。金曜日の雨の状況の時も、彼はしっかり走っていましたし、若い人のいいところなのかもしれないのですが、その次元の高さはフェルスタッペンならではの才能だと思います。」

■TURNING POINT 勝負の分岐点

そして、中国GPの勝者、ハミルトン選手もレース後フェルスタッペン選手について語っています。

「マックスは参戦してからずっと素晴らしい仕事をしているし、誰にとっても新鮮な息吹になっている。熱烈なファンもいるし、何度も見事なレースシーンを見せてくれる。期待以上の大物だ。今年のマシンは、走らせるのは最高の気分だけど、オーバーテイクが難しいのが難点だ。そんななかでもマックスは自由自在にパスしてきた。一体どうやったのか、レース映像でじっくり見させてもらうよ。」

誰もが素晴らしいドライビングだったと認めるフェルスタッペン選手の中国GP。レースがスタートしてから、「あれ?もうこんな順位が上がったの!?」とまるで瞬間移動でもしたかのような追い上げでびっくりしたのを覚えています。

そんなフェルスタッペン選手ですが、オープニングラップで唯一スリックタイヤを履いたカルロス・サインツJr選手が後退したのに加え、わずか5.5km足らずの間に、8回ものオーバーテイクを成功させていたのです! このミラクルスタートについてフェルスタッペン選手自身はどのように思っているのでしょうか。

「悪くなかったよ。いいスタートだった。蹴り出しの後、コース中央に寄ってきた前方の2台にブロックされてアクセルを緩めなくてはならなかったけど、ひとつかふたつ順位を上げられた。そこからはスペースを見つけようと必死さ。ターン1ではアウトサイド、ターン2はインサイド、ターン3ではまたアウトサイドへ。とにかく他のクルマの後ろに接近しないよう気をつけた。真後ろにいるとダウンフォースを失って、グリップがなくなるからね。ターン6から8にかけてが特にうまくいったね。動き回ってかなりの台数を追い抜くことができた。」

■フェルナンド・アロンソインタビュー

現役最強ドライバーと言われているフェルナンド・アロンソ選手(マクラーレン・ホンダ)ももう35歳。「引退」の二文字がちらつくお年頃です。そんなアロンソ選手がロングインタビューで自身のF1人生について語っています。

マクラーレン・ホンダに移籍して早3年。なかなか結果がでず、「このまま嫌になって引退してしまうのでは?」と不安に思っている方、多いのではないでしょうか。しかし、そんな私たちファンの不安を吹き飛ばしてくれる、アロンソ選手らしい言葉がかえってきましたよ。

「『アロンソはよく耐えられるな。チームを離れればいいのに!』と書かれているのをよく読むけれど、やめてどこへ行く?家に帰るのか?キッチンで朝食を作ったり、ソファでレースを見る?それは問題の解決にはならない。解決するには、全力を尽くして事態の改善を図るしかない。そのためにはチームに対して強力なリアクションをとるよう求める必要がある。」

みなさんご存知の通り、背中に武士のタトゥーを入れる程、日本の文化に心酔しているアロンソ選手。実際に日本人スタッフと働き、ともにつらい経験をしている現在、日本人に対する見方は変わってしまったのでしょうか・・・。

「いや、それは変わらない。日本の伝統や価値観を学ぶことはいつだって楽しい。日本の文化に関する本は何冊も読んでいるし、これからも読むつもりだ。彼らと一緒に働けてすごくうれしい。その気持ちは変わらないよ。ただ、F1の世界は競争が激しい。進歩するのに時間をかけている余裕はないんだ。すぐさまいい仕事をしなければならない。それができなければ、あらゆる要素を変える必要があるんだ。じっくり学習していくような時間はない。」

そして誰もが気になる「引退」について、「まだ分からない。」と答えたアロンソ選手。

「引退については答えられないな。もちろん、もう一度タイトルを獲りたいという夢はある。僕自身は準備はできているんだ! テストの後でも言ったことだけど、コーナーでの走りに関しては僕より速いドライバーは誰ひとりいないと思う。実際に走っていて、そう感じたんだ。今年新しくなったマシンは、本物のF1カーだ。コーナーリングスピードが増して、走っていると以前よりもずっと楽しい。」

「タイトルを獲る準備はできている」とは、なんて頼もしいのでしょう! そんなアロンソ選手には「夢」があるのだそうです。

「上位争いをして、チャンピオンになりたい。それを今も夢見ている。引退については、いつも言っているとおりだ。僕が夢見ているのは、このままの状況で引退することじゃない。もう一度ワールドチャンピオンになって、その後、正しいタイミングで引退することなんだ。」

アロンソ選手がワールドチャンピオンに輝いたのは2005年と2006年。そして最後に優勝したのは2013年スペインGPです。マシンの調子が悪くても、マシンの最大限の力を出し切って走る姿は心を打たれますよね。でも、やっぱり見たいのはストレートで他のマシンにどんどん抜かれていく姿ではなく、優勝した時のあの雄たけび! アロンソ選手の「夢」が叶うことを信じて、これからも応援していきます!!

(yuri)

独占インタビューで語ったアロンソの「夢」とは?【F1速報×F1女子〜中国GP号〜】(http://clicccar.com/2017/04/17/463456/)