乃木坂46の白石麻衣。(C)映画「あさひなぐ」製作委員会

写真拡大

 乃木坂46の白石麻衣が、今秋公開される映画『あさひなぐ』に出演することが決定した。

 本作は、第60回小学館漫画賞(一般部門)を受賞した、こざき亜衣の同名コミックを映画化した青春映画。「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム!」という謳い文句に惹かれ入部した1年生の東島旭ら二ツ坂高校薙刀部が、インターハイ全国大会出場をかけ、過酷な練習の日々を送りながら様々な困難に立ち向かっていく模様を描く。これまで乃木坂46の西野七瀬が東島旭役で主演を務め、『ヒロイン失格』の英勉監督がメガホンを取ることがアナウンスされていた。

 白石が演じるのは、西野扮する主人公・東島旭の先輩である宮路真春で、同役は、誰もが憧れる強く美しい薙刀部のエースであり、1年生の旭たちを厳しくも温かく見守る存在だ。白石は撮影前から仕事の合間を見計らって薙刀を猛特訓し、撮影中も時間があれば練習を積み重ねて挑んだという。

 また、本日4月17日21時より放送されるテレビ番組『人生が変わる1分間の深イイ話 2時間スペシャル』(日本テレビ系)では、映画『あさひなぐ』の撮影現場に密着した様子を紹介。なお、5月20日からは齋藤飛鳥主演の舞台版『あさひなぐ』がEXシアター六本木にて上演予定だ。

<白石麻衣 コメント>

・出演が決まって、また原作を読んだ感想

乃木坂46として『あさひなぐ』を実写化できることがとても嬉しかったです。そして何よりメンバーと一緒に作品を作れることが嬉しかったです。原作は、登場人物の一人一人が個性豊かに描かれている印象で、なぎなたに対しての熱い気持ちもまっすぐ伝わり、“なぎなた”について深く知りたいと強く思いました。

・宮地真春を演じるにあたって

原作のことも意識してやっていきました。なぎなたが強く、他の誰よりも“なぎなた愛”が溢れている人。とにかくかっこいいキャラクターなので憧れます。真春のかっこよさを、私らしさも出して演じられたらと思います。

・初めて“なぎなた”をやってみて

とても難しかったです。最初手に取った時、できないかもと思ってしまいましたが、先生方の熱心なご指導と練習も重ねたので、撮影のときには楽しいと思えるぐらいになりました。“なぎなた”はあまり知られていないので、このきっかけにもっと知ってもらいたいと思います。

・ファンへのメッセージ

原作がとても面白いし、私たちの“なぎなた”をやってる姿や一人一人のキャラクターが個性豊かで熱いストーリーになっています。『あさひなぐ』を知らない方や“なぎなた”を知らない方、乃木坂46ファンではない方々など、いろんな方に見てもらいたいです。“なぎなた”、そして青春ってかっこいいんだというところを見てもらえるよう頑張ります。