どれで送れば損しない?

写真拡大

手軽にモノが売買できるフリマアプリ、利用しているという人も多いのでは? 希望する価格でモノが売れたら、できるだけ送料を抑えたいというのが本音ですよね。

そこで今回は、発送時に使える郵便・宅配便のお得なサービスを比べてみました。もう送料で損をするのはおしまいにしましょう!

クリックポスト、レターパック、スマートレター、...違い、わかってる?

まずは郵便サービスから。普通郵便、ゆうパックなどのサービスのほかにも多くの郵送方法があります。その中でも今回は「クリックポスト」「レターパック」を紹介します。

・クリックポスト

料金:164円(全国一律)
大きさ:長さ14から34センチ、幅9から25センチ、厚さ3センチ以内
重さ:1キロ以内
注意点: Yahoo! JAPAN IDの取得とYahoo!ウォレット(クレジットカード払い)の利用登録が必要。

・レターパックライト、レターパックプラス

料金:ライトは360円、プラスは510円
大きさ:各34センチ×24.8センチ(A4ファイルサイズ)、厚さ3センチまで(ライトのみ)
重さ:各4キロ以内
注意点:専用BOXをコンビニ・郵便局などで買って利用。ライトはポスト受け取り、プラスは対面受け取り。

記者のおすすめはクリックポストです。Yahoo! JAPAN IDの取得とYahoo!ウォレット(クレジットカード払い)の利用登録さえすれば、164円という破格の値段で全国にモノを送れます。重さ1キロ・厚さ3センチ以内なので、薄手の衣服をはじめ、本や小物など多くのものがカバーできます。フリマアプリを利用する人は覚えておいて損はありません。

一方、厚さ3センチ以上のものは、重さは4キロ以内ならレターパックプラスで送るのが安くなります。4キロを超える場合は、ゆうパックで送ることになりますが、最低でも690 円かかります(持ち込み割引利用で570円)。重いものを出品するときは価格設定に注意です。

また本やCD・DVDを送る場合には「ゆうメール」という方法もあります。送れるものが限定されるほか、内容品を確認できることが条件ですが、ゆうパックや普通郵便より安くなる場合も多いので、これも覚えておきましょう。

遠いところに大きめの荷物を送るなら「らくらくメルカリ便」

続いて、ヤマト運輸のサービスを紹介します。

注目したいのは、「らくらくメルカリ便」。メルカリでモノを売ったなら、便利かつお得です。らくらくメルカリ便、最大の特徴は全国一律料金になることと匿名配送サービス。出品時にらくらくメルカリ便を選択すれば、住所や名前を知られることなく送れます。フリマサイトに不安がある人には大きなメリットですよね。

・「宅急便コンパクト」(らくらくメルカリ便)

料金:380円(全国一律)
大きさ:25×20センチ、厚さ5センチ以内
注意点:専用BOXをコンビニ・営業所などで買って利用

通常の「宅急便コンパクト」は648円なので、らくらくメルカリ便での利用はかなりの節約になりますね。クリックポストで送れない厚さ3センチ以上の荷物におすすめ。

・宅急便(らくらくメルカリ便)

料金:600円から1500円(全国一律・荷物の大きさ重さによって異なる)
大きさ:縦横高さの合計が160センチまで
重さ:25キロ


通常の「宅急便」は最低価格が756円なのでこちらもお得。ですが、同一県内に送るならゆうパック(590円)の方がお得です。距離が遠い場合は、全国一律料金の「宅急便」(らくらくメルカリ便)の方が安くなるので、配送先によって使い分けるのもアリ。

このほか、らくらくメルカリ便では通常、法人や個人事業主しか利用できないサービス「ネコポス」も利用可。A4サイズ(31.2センチ×22.8センチ)、厚さ2.5センチ以内、重さ1キロ以内で、料金は全国一律195円。ほとんど同じサイズのクリックポストが164円なので、匿名にこだわらないなら「クリックポスト」を使う方がお得です。

比べてみた結果、小さめの荷物を送るなら「クリックポスト」、大きめの荷物を遠くに送るなら「宅急便」(らくらくメルカリ便)がお得ということになりました。

フリマアプリで物を売るなら、これらの配送サービスをうまく利用して、利益を増やすのが賢いやり方です。