16-17NBAプレーオフ1回戦(7回戦制)、シカゴ・ブルズ対ボストン・セルティックス。交通事故死した妹チャイナさんに黙とうをささげるボストン・セルティックスのアイザイア・トーマス(2017年4月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】16-17NBAは16日、各地でプレーオフ1回戦(7回戦制)が行われ、ボストン・セルティックス(Boston Celtics)は前日に妹を交通事故で亡くしたアイザイア・トーマス(Isaiah Thomas)が33得点の活躍を見せるも、シカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)に102-106で敗れた。

 22歳の妹チャイナ(Chyna)さんを失い、心に傷を負いながらも本拠地ボストン・ガーデン(Boston Garden)のコートに立ったトーマスは、自身が着用した緑のシューズに「R.I.P. Lil Sis(妹よ、安らかに眠れ)」と書き、哀悼の意を表した。

 国歌斉唱前には黙とうの時間が設けられ、先陣を切って入場してきたトーマスに対しては、ホームの観客がスタンディングオベーションで温かい声援を送った。

 セルティックスのアル・ホーフォード(Al Horford)は試合後「難しかった。うちの選手はすぐに良い対応をすることができたと感じたが、最も良かったのはアイザイアだった」と同僚をたたえた。

 33得点をマークしたトーマスは、試合終了7秒前にも点差を102-104に縮めるレイアップを決めたが、対するブルズもジミー・バトラー(Jimmy Butler)がドリブルで相手のファウルを誘発。残り3秒で2本のフリースローを沈め、この日の得点を30に伸ばすとともに、チームの勝利を決定的にした。

 もう一方のイースタンカンファレンスの試合では、チームが第3クオーターで獲得した全38得点中15得点をジョン・ウォール(John Wall)が決めたワシントン・ウィザーズ(Washington Wizards)が、アトランタ・ホークス(Atlanta Hawks)を114-107で下し、シリーズ初戦を白星で飾っている。
【翻訳編集】AFPBB News