イェ・ジョンファ「立ち入り禁止エリア」で撮影の写真に批判殺到…事務所が謝罪

写真拡大 (全2枚)

俳優マ・ドンソクの恋人でタレントのイェ・ジョンファ側が、臥龍梅の棄損論争に対して謝罪した。

イェ・ジョンファの所属事務所であるDAYDREAMエンターテインメントは17日の午前「グラビア撮影で訪問した全州(チョンジュ) で撮った写真で、該当の梅の木の枝は撮影の小道具だった」と解明した。

続いて「木を棄損してないが、出入り禁止の場所に入り、写真を撮影したのは誤った行動であるのを認知している。心から深く反省している。今後、より慎重に行動する」と伝えた。

最近、全州韓屋村に訪問し、全州慶基殿(キョンギジョン) の名物である臥龍梅のそばで認証ショットを残したイェ・ジョンファは、出入り禁止となっている垣の中に入ったことはもちろん、枝に手を出すポーズで棄損論争を巻き起こした。