気軽で気楽。マクドナルドはSnapchatが採用面接代わり

写真拡大

もう生活のすべては、スマホひとつで完結する時代がやってくるかも。

10秒のSnapchatビデオが面接代わり

BUSINESS INSIDER JAPAN」によれば、オーストラリアのマクドナルドでは、Snapchatを人材採用に活用しているとのこと。

応募方法は簡単で、応募者はマクドナルドの制服を着ているようなフィルターを使って、10秒のSnapchatビデオを送るだけ。そのビデオが一次面接代わりとなって、二次面接へ進む人を判断するのだそう。

Snapchatで面接なんて、なんとも斬新なアイデアです。

マクドナルド・オーストラリアのCOO、Shaun Ruming(ショウン・ルミン)氏は、

我々は、ポジティブで快活な人を求めています。お客様と接する仕事に向いていると考えているからです。娘が友達に送る動画のように、10秒間のビデオから人柄は垣間見えるものです。

(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

と語っています。

Snapchatに投稿する感覚で面接ができるなんて、あがり症の私にしてみればすごく助かるシステム。送ったビデオは閲覧後に自動的に消失するのもうれしい点です。

この波が広まっていけば、就職活動さえもSnapchatやInstagramで済む時代になるかもしれません。そうなると、いま以上にスマホは絶対的な存在となりそうです。

[BUSINESS INSIDER JAPAN]

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・リベンジポルノ、だめ、絶対。Facebookが泣き寝入りしている女子のために立ち上がった

・なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored

・自分から誘ってもいい。生理周期にあわせてセックスをもっと楽しむ #sponsored