パク・ソジュン&カン・ハヌル主演「青年警察」8月に韓国公開を決定

写真拡大

パク・ソジュン、カン・ハヌル主演映画「青年警察」が8月に公開を確定し、夏の大戦に合流した。

「青年警察」は頼るところは専門書籍と若さだけの二人の警察大学の学生が、目の前で目撃した拉致事件に巻き込まれてから繰り広げられる話を描いた捜査アクション映画だ。

「軍艦島」「タクシー運転手」など、夏の公開を控えている映画のうち、「青年警察」は笑いを届ける愉快な魅力で観客の心を鷲づかみにするという覚悟だ。

意欲満々な警察大学の学生ギジュン(パク・ソジュン) と理論のみを掲げる警察大学の学生ヒヨル(カン・ハヌル) の若く無謀な捜査過程が笑いを届ける予定だ。

17日に公開されたスチールカットは、正反対の性格をもつ二人が完璧なチームワークを見せることを予告し、彼らがどういうふうに力を合わせるか、その過程でどんなケミ(ケミストリー、相手との相性) を披露するか、好奇心をくすぐる。