@AUTOCAR

写真拡大

XFスポーツブレイクのスポーティ仕様

ジャガーXFスポーツブレイクは、今年後半のローンチに向けて開発が進められている。今回は英国でテストしている車両をキャッチすることに成功した。

XF Sスポーツブレイクは、すでに生産化が発表されているXFスポーツブレイクの上位に位置するスポーティ・ワゴンだ。パワーユニットは、サルーンに搭載されるガソリンおよびディーゼルのターボ・エンジンとなる。

数々のソーシャルメディアに投稿されたこの車両は、「#XFSPORTBRAKE」とハッシュタグ付きのプロダクション・ネームをボディ・サイドに掲げている。

これは、発表が近いことをアピールするプロモーションの一環であろう。

ガソリン/ディーゼルともに8速AT

3.0ℓのガソリン・ターボは380psを発揮。同じく3.0ℓのディーゼル・ターボは燃費が18.2km/ℓとなる。いずれも、XF Sのサルーンに搭載されるもので、8速オートマティックと組み合わせられる。

パワートレインや足回りは共用される予定だが、リア・サスペンションだけはワゴン・ボディの重量増に対応するためセッティング変更されるはずだ。ブートスペースと後席ヘッドルームの拡大も見込まれる。これゆえ、0-100km/h加速タイムは、サルーンのガソリン・モデルが記録する5.3秒より長くなるだろう。

公式情報はこれまで明らかにされていないが、発売は夏になると考えられ、価格はXF Sサルーンの£49,995(678万円)を上回る見込みだ。