4月17日はポール・マッカートニーの最初の妻として知られるリンダ・マッカートニーの命日。

 1960年代からロック・アーティスト専門の写真家として活躍していたリンダは、1969年にポール・マッカートニーと結婚。翌年のビートルズ解散以降は、『ラム』(1971年)の共作やウイングスへの参加など、ポールの音楽活動を公私にわたってサポートし続けた。まもなく来日公演を迎えるポールだが、ビートルズとしての来日以来24年ぶりとなった1990年の来日公演にも、リンダはウイングスのコーラス&キーボーディストとして参加している。

 ポールとの結婚時、リンダには前夫との娘が1人いたが、その後、ポールとの間に三人の子供をもうけ、長女・メアリーは写真家、次女・ステラはご存知ファッションデザイナー、そして長男・ジェイムズはミュージシャンと、みな芸術分野で活動をおこなっている。また、動物を愛し、ポールとともにベジタリアンであることでも知られるリンダは、イギリス国内で食品の販売や関連本の出版などもおこなっていた。

 リンダは1995年に乳がんが発覚し、一度は克服したものの再発。98年4月17日、ポールとともに“最期の場所”に選んだアリゾナ・ツーソンにて56歳で帰らぬ人となった。