勲功国家合唱団の公演を鑑賞した金正恩氏(2017年4月17日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の平壌で16日、金日成主席の生誕105周年慶祝軍事パレードの参加者のための勲功国家合唱団の祝賀公演が行われた。朝鮮中央通信が17日、報じた。

金正恩党委員長が軍事パレードの参加者、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、李明秀(リ・ミョンス)、朴永植(パク・ヨンシク)、李永吉(リ・ヨンギル)の各氏や朝鮮人民軍の指揮メンバーと共に公演を鑑賞した。

公演では、「主席と将軍は共におられる」、「栄光を捧げます朝鮮労働党」、「最高司令官同志の健康を祈ります」、「将軍の近くには兵士がいる」などが披露された。

同通信は、「金正恩委員長の賢明な指導に従って自主の核の雷鳴で最強の国力を轟かし、千年、万年限りなく繁栄する太陽朝鮮の明るい未来を揺るぎなく保証していくという白頭山革命強兵の信念と意志が噴出した男声重唱と男声合唱『われらの銃剣の上に平和がある』、男声合唱『革命武力は元帥の指導にのみ従う』によって、公演は絶頂に達した」と報じた。

金正恩氏は、「閲兵式の参加者が銃剣で切り開かれて前進してきた朝鮮革命の百勝の歴史と伝統をつないで太陽の偉業を白頭山の銃剣でしっかりささえていくことによって、社会主義防衛戦と社会主義強国建設偉業の遂行において革命的武装力の使命と本分を全うする」との期待と確信を表明したという。