ファヨン、ドラマ「お父さんが変」撮影現場のビハインドカットを公開…真剣な姿に“視線集中”

写真拡大

「お父さんが変」で元T-ARA ファヨンの情熱溢れる姿が捉えられた。

昨日(16日) Imagine Asiaは、KBS 2TV週末ドラマ「お父さんが変」(演出:イ・ジェサン、脚本:イ・ジョンソン) で世間知らずの末っ子ピョン・ラヨン役を担い活躍している、女優ファヨンの写真を公開した。

写真は、集中している表情で演技のモニタリングと台本の研究に没頭しているファヨンの姿が収められている。ファヨンは、シンプルなトレーニングウェア姿でも、清楚で磨きのかかった美貌をアピールし視線を集める。

劇中の世間知らずのピョン・ラヨンの姿とは異なり、真剣に台本を見たりモニタリングする姿で、ピョン・ラヨンとはひと味違った魅力を見せているファヨンは、撮影の合間、何度も演技のリハーサルはもちろん、現場のスタッフたちと話を交わして完成度の高いシーンのために努力を惜しまないという。

過去の放送で、危機のチョルス(アン・ヒョソプ) を助け好感を示したが、チョルスに思い切り振られたピョン・ラヨンの姿が描かれ、今後の二人の関係に関心が高まっている状況だ。

「お父さんが変」は、KBS 2TVで毎週土、日午後7時55分に韓国で放送されている。