まるで「おじや」のような「ぶっかけ飯」

写真拡大

ラーメンを食べた後の残り汁にご飯をぶっこんで作る「ぶっこみ飯」。炭水化物を食べた後にさらに炭水化物を食べてしまうという背徳感にさいなまれるグルメながら、スープを吸った米が実にうまい。

即席麺の覇者・日清食品は、そんなぶっこみ飯を商品にしてしまった。「カップヌードル ぶっこみ飯」は2017年3月27日、「チキンラーメン ぶっこみ飯」を4月17日に全国で新発売した。トレンド編集部の記者Iは、日清食品が「真面目に作り込んだ」という2商品を入手・試食してみた。

食べる前にちゃんとかき混ぜよう

カップヌードルのスープをベースに、フライ麺ならではの香ばしい風味を加えた「カップヌードル ぶっこみ飯」は、具材にエビ・スクランブルエッグ、味付豚ミンチ、味付豚肉、ネギを使っている。

一方の「チキンラーメン ぶっこみ飯」は、チキンラーメンの元祖鶏ガラスープをベースに、しょうゆのコクと玉子のまろやかさ、フライ麺ならではの香ばしい風味を加えた。具材は、チキンラーメンの麺・かきたま・蒸し鶏ネギ・白髪ネギ。

内容量は、前者が90g(ライス75g)で、後者が77g(ライス47g)。麺が入っている分だけ、「チキンラーメン ぶっかけ飯」の方が米の量は少ない。

両商品とも熱湯調理の湯戻りの良いご飯を採用している。フタを開いてみると――。通常のカップラーメンと比べて底が深い。湯によって米が膨張するからとみた。

お湯を注いで5分。フタを開くと――、カップ麺では見たことのない色が広がっていた。いかにも完成途上という雰囲気。「カップヌードル ぶっかけ飯」の方は湯がまだ残っているが、「チキンラーメン ぶっこみ飯」は具材にほとんど吸収されている。

パッケージの説明にならい丁寧にかき混ぜる。通常のカップ麺と比べて匂いが控えめだと思った。ランチタイムがバラバラな職場だと、同僚が仕事をしている横で食事をとるケースは少なくない。匂いがキツいフードは申し訳ない気分になることも。日清食品の「ぶっかけ飯」なら自分の席で心置きなく食べられそう。

1分ほどかき混ぜると――、フタを開いた直後とは打って変わって、いい感じの色味に変化したぞ! さっそくスープンで食べてみることにした。

腹持ちするのに、カロリーはカップラーメンと同じ

まずは「カップヌードル ぶっかけ飯」から。最初の食感は「おじやみたいでサラッとしているな」。食が進むにつれて、通常の「ぶっかけ飯」よりも香辛料がしっかり効いており、ピリリと辛い感触が舌に伝わる。気温の高くなるこれからの季節にはピッタリかも。米はシャバシャバしているものの、ほどよく形を保っていて、フニャフニャというほどではない。

米が主体だけあって、カップ麺よりも心なしか腹持ちする。「相当カロリー高いんだろうな」と思って標準栄養成分表を見ると、エネルギーは346kcal。麺が主体の「カップヌードル」とほぼ同じだった。

「ぶっかけ飯」というと、いかにも男のグルメという感じ。しかし日清食品の「ぶっかけ飯」は、食の進まない病人に合うフードかもしれない。

続いて「チキンラーメン ぶっこみ飯」を食べた。なんというか、チキンラーメン感がある。麺の量がそんなにあるわけではないのに。ごはんとラーメンを一緒に食べているかのような、お得な感じ。もう一人の試食メンバーである記者Tは、次のような感想を述べた。

「カップ麺をオフィスで食べると『スースー』という音が出てしまいますが、これなら静かに食べられますね。すごくいい」
「私は横浜家系ラーメンが大好きで、カップ麺もよく食べますが、日清食品の『ぶっこみ飯』と交互に食べてもいいくらい、気に入りました」

両商品とも希望小売価格は1食220円(税別)。ぜひ一度試食あれ!