16日、今年7回目を迎えた北京国際映画祭が開幕し、リン・チーリンら人気女優たちがレッドカーペットで美を競った。

写真拡大

2017年4月16日、今年7回目を迎えた北京国際映画祭が開幕し、リン・チーリン(林志玲)ら人気女優たちがレッドカーペットで美を競った。新浪が伝えた。

【その他の写真】

第7回北京国際映画祭が16日、北京の国家中影映画デジタル製作基地で開幕。今月23日までの開催期間中に、国内外から約500本の映画が披露される予定だ。また、コンペティション部門の最高賞「天壇賞」を、世界59カ国・地域から選出された15作品が争う。

開幕式のレッドカーペットには、中華圏や海外から集まった女優たちが華やかなドレス姿で次々と登場。映画「西遊記之女兒国」に出演した台湾の女優リン・チーリンは、胸元が透けたデザインのドレスで、視線を一身に集めた。同作品からは、中国の女優チャオ・リーイン(趙麗穎)もカーペットに登場し、清楚(せいそ)でクラシカルなドレス姿が好評だった。

米中合作映画「烽火芳菲」(The Chinese Widow)からは、女優リウ・イーフェイ(劉亦菲)が登場。韓国の俳優ソン・スンホンと交際中で、このほど妊娠説が報じられたばかりだが、ドレスに包まれた体について「特に変化は見られない」とメディア各社が報じている。(翻訳・編集/Mathilda)