韓国に到着したペンス氏(左)=16日、平沢(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相に近い関係者は17日、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備完了は次期韓国大統領が決定する問題だとの米ホワイトハウス外交顧問の発言と関連し、「THAADは韓米間で協議した通り、推進する」と述べた。

 黄氏側の関係者は聯合ニュースの取材に対し、「THAAD配備問題に対する立場に変化があるはずはなく、変わったことはない」と伝えた。
 別の関係者も「韓米両国が立場を発表した通り、THAAD問題に対する両国の立場は変わらず、計画通りに進める」と強調した。
 16日に来韓したペンス米副大統領に同行したホワイトハウスの外交政策顧問が、THAAD配備完了は韓国の次期大統領が決定する問題だと述べたと海外メディアが報道していた。
 この発言を受け、米国が中国側に配慮しTHAAD配備の日程を再調整するのではないかとの分析も出ていた。
 これに対し韓国外交部は、「北の核・ミサイルの脅威に対応して在韓米軍のTHAAD配備を支障なく推進するのが韓米両国の共通した立場だ」とコメントした。
 またペンス氏の報道官も「THAAD配備に関する政策には変化がない」と述べたと、在韓米国大使館が伝えた。
 黄氏とペンス氏は、17日午後の会談と昼食会で北朝鮮への圧力・制裁強化策を議論し、THAAD配備を予定通り推進するとの両国のこれまでの立場を再確認する見通しだ。
 韓米の軍当局はTHAADの装備や重機などを配備先のゴルフ場に運び入れており、近く配備されるとの予測が出ている。
ynhrm@yna.co.kr