クリーブランド警察が行方を追っている、スティーブ・スティーブンズ容疑者の顔写真(2017年4月17日入手)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)米オハイオ(Ohio)州クリーブランド(Cleveland)の警察当局は16日、男性(74)に向けて銃を乱射して殺害する様子をフェイスブック(Facebook)上でライブ配信したとして、容疑者の男の行方を追っていると明らかにした。

 クリーブランド警察が行方を追っているのは、スティーブ・スティーブンズ(Steve Stephens)容疑者(37)。

 警察はツイッター(Twitter)で、容疑者が被害者を殺害する様子をフェイスブックのライブ動画配信「フェイスブックライブ(Facebook Live)」で配信したと明らかにし、「この他にも複数の殺人を実行したと主張しているが、確認は取れていない」と述べた。

 当局は16日夜の記者会見で、スティーブンズ容疑者に対して出頭を呼び掛けた。

 一部地元メディアは、容疑者が10人以上を殺害したとフェイスブック上で誇示していると報じたが、当局によるとそうした事実は確認されていないという。
【翻訳編集】AFPBB News