紅茶の本場の食事でもミルクティーは飲まれている

写真拡大

キリンビバレッジは、「キリン 午後の紅茶」から、「ティー ウィズ ミルク(TEA with MILK)」を2017年6月6日から発売する。

ミルクティーの新提案として「食」シーンに注目し、食事に合うよう甘さを抑えた。紅茶の本場であるイギリスでも、食事の際に"ティーウィズミルク"を楽しむ習慣があるという。ミルクにぴったりなアッサム茶葉とウバ茶葉が中心のイングリッシュブレンドで、シンプルに素材のおいしさが伝わる、「大人層」をターゲットとした味わい。

パッケージにはライトブルーとシルバーの模様を施し、本格感と高級感のあるデザインに仕上げた。

希望小売価格は140円(税抜)。