ウイスキーの魅力伝える5人のセレブたち 宣伝の「新たな形」示す

写真拡大

パフューム、炭酸飲料、下着など、さまざまな商品を扱う数々のブランドが、広告塔として有名人を起用している。消費者に購入を促すため、一人の有名人が複数の商品を宣伝することも、それほど珍しいことではない。

それは、ウイスキー業界でも同じことだ。これまでにも俳優のジョージ・クルーニーやレオナルド・ディカプリオ、ジュード・ロウといったスーパースターたちが、広告に登場してきた。

ただ、ウイスキーの場合はこのところ、そうした有名人の起用の仕方に少し変化が見られるようだ。スコッチウイスキーでもアメリカンウイスキーでも、セレブたちは単に広告の顔を務めるだけではなくなってきている。新たな役割も果たすようになった5人の有名人たちを紹介する。

1. デービッド・ベッカム(ヘイグ・クラブ/ グレーンウイスキー)

アルコール飲料の世界的大手ディアジオ(Diageo)は、スコットランドにあるキャメロン・ブリッジ蒸留所が造るシングルグレーン(シングルモルトではなく)ウイスキーの新たなラインを開発。サッカー界のスター、ベッカムをブランドの顔に迎えた。最近の広告では、コカ・コーラで割ったウイスキーをなど楽しむ様子が描かれている。

だが、ベッカムは開発の段階からパートナーとしてブランドに関与してきた。そして、そのことは流行に敏感なミレニアム世代の若者たちやこれまでウイスキーを飲んでこなかった人たちの双方に、「ヘイグ・クラブ」の魅力を訴えることにつながってきた。

2. マシュー・マコノヒー(ワイルドターキー/バーボンウイスキー)

マシュー・マコノヒーはワイルドターキーの広告に登場するだけでなく、ワイルドターキー蒸留所を所有するイタリアの蒸留酒メーカー、カンパリ・グループの新たな広告キャンペーンのクリエイティブ・ディレクターとして、複数年にわたる契約を結んだ。

マコノヒーは自身が登場する広告のディレクターのほか、インターネット上で公開しているドキュメンタリー・フィルムの監督・主演を務めている。

また、米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューでマコノヒーは、キャンペーンを通じて目指すのは、消費者層として特に重要なミレニアル世代にとって、このブランドを魅力あるものにしていくことだと説明している。

3. ミラ・クニス(ジムビーム/バーボンウイスキー)

女性たちだって、ウイスキーが好きだ。そして、ウイスキーを買いたいと思っている──そのことに気付いたウイスキー業界は数年前から、その点を広告に強く打ち出している。それが、この業界の新たな世界的トレンドとなっているのだ。ココ・ロシャやミラ・クニスのようなセレブたちが広告に登場していることは、そのトレンドを反映したものといえる。

クニスは3年前、ジムビームがネット配信する多数の動画とテレビCMに登場。昨年には再び、契約を結んだ。クニスのようなセレブをブランドの顔に起用することには、一石二鳥あるいはそれ以上の効果がある。性別を問わず消費者にアピールすることができるほか、若い世代の消費者にも魅力を訴えることができる。

4.  ココ・ロシャ(ディアジオ、第1回国際スコッチデー)

最も多くの有名人たちをウイスキーの広告に登場させているのは誰かといえば、間違いなくディアジオだ。同社は今年初めて、スコッチウイスキー全般を世界的に宣伝するためのプロモーションキャンペーン「国際スコッチデー」のイベントを開催した。スーパーモデルのココ・ロシャは、このキャンペーンの顔を務めた。

5. チャールズ英皇太子(ラフロイグ/スコッチウイスキー)

ここまでに紹介してきた有名人たちの起用は、ウイスキーとセレブを関連付けることで、若い世代の消費者を引き付けることが目的だった。一方、ラフロイグが手に入れているのは、英王室の支持だ。

チャールズ英皇太子は1994年、ラフロイグを王室御用達ブランドに指定した。それほどこのウイスキーが好きなのだ。