美容と健康にはビタミンが大事というのは、なんとなくわかっている。ビタミンCがお肌に良いのもわかる。でもビタミンってAとかBとかDとか、何がいいんだっけ? 健康に気を遣っていても、実際はなかなか覚えられない栄養素。今回はビタミンB群の効果と、各社サプリメントの違いを検証します。

お肌にもダイエットにも重要なビタミンB群

ビタミンB群とは、ビタミンB1・B2・B6・B12・ナイアシン・ビオチン・パントテン酸・葉酸の8種類の総称のことを言います。少しずつ役割は違いますが、主にタンパク質や脂質の代謝、糖分の分解促進、皮膚や粘膜の細胞の生まれ変わりを助けるといった働きをしています。ダイエットにも美肌にも欠かせない栄養素なんですね。個々で摂取するよりもまとめて摂取することで互いが協力し合い、相乗効果をもたらすため、ビタミンB群やビタミンBミックスといった複合型サプリメントとして販売されていることが多いのです。

どれを選ぶ? メーカーによって違うサプリメント

●アサヒ ディアナチュラ ビタミンB群

一日1粒服用。粒が小さくて飲みやすい。ボトル型とパウチ型があり、パウチ型のほうが成分の含有量が大幅に多い。ビール酵母が配合されている。

●大塚製薬 ネイチャーメイド B-コンプレックス

一日1粒服用。サプリ王国であるアメリカでは圧倒的な支持。国産なので安心で人気も高い。でも一日あたりの価格は一番高い。

●小林製薬 ビタミンB群

一日2粒服用。製薬会社の厳しい基準での製造・管理なので安心。粒が小さめ。美肌づくりに欠かせないビオチンの含有量が72μgと他社よりも多め。

●DHC ビタミンBミックス

一日2粒服用。コスパが高く、全体的な含有量も多い。ダイエット効果が期待できるイノシトール配合。コンビニでも買えるから手軽。

●ファンケル ビタミンB群

一日2粒服用。葉酸の含有量が400μgと多いのでプレママにも良いですね。ロングタイム製法なので体内で長時間機能する。働きを助けるイノシトール配合。


商品名B1(mg)B2(mg)B6(mg)B12(mg)ナイアシン(mg)パントテン酸(mg)ビオチン(μg)葉酸(μg)ディア
ナチュラ30333020404045200ネイチャー
メイド15121015101050240小林製薬2512103.61532.872200DHC40303020404050200ファンケル1040306303050400

同じビタミンB群でも、メーカーによって価格はもちろん含有量や製法、プラスされている成分など違いがあります。サプリは長く続けてこそ効果が期待できるので、自分に合ったものを選びたいですね。


writer:しゃけごはん