女子美術大学同窓会 設立100周年記念

一般社団法人女子美術大学同窓会は、2017年に設立100周年を迎えるにあたり、記念事業として各種の企画を展開する。2017年4月17日(月)からは、佐野ぬい賞受賞作家展「青のかけ橋」がスタートし、100年間に発行された会報誌の一部を抜粋して展示する「会報誌からたどる100年のあゆみ」も同時開催。これらの展示は、女子美アートミュージアムを会場とする5月22日(月)までの第1期と、6月2日(金)〜6月28日(水)に女子美ガレリアニケ・110周年記念ホールで催される第2期に分けて実施される。女子美術大学は、1900年に創立された女性のための美術大学。女子美術大学同窓会は1917年に設立され、2009年に任意団体から非営利の一般社団法人となった。今回開催される「青のかけ橋」では、佐野ぬい氏と佐野ぬい賞受賞者5名による油彩画 / 版画 / インスタレーションなどを展示。「会報誌からたどる100年のあゆみ」も含めて入場無料で鑑賞できる。1期会場は火曜休館で、時間は10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)。2期会場は日曜休廊で、時間は10:00〜17:00。このほか、6月24日(土)〜6月30日(金)には、丸ビル3階 回廊で、入場無料の「若手支援プロジェクト展 〜 まなざしの先に 〜」も開催予定だ。これは、卒業して間もない同窓生や在学生を応援するための展覧会。アートデザインの幅広い分野を対象とする応募作品から選ばれた意欲的な作品が展示される。さらに、設立100周年に関連した事業としては、記念グッズの販売も実施中。MIMURI氏が手掛けた大判ハンカチおよびトートバッグや、女子美術大学と甲州印伝の総本家「印傳屋」のコラボレーションによる八咫鏡柄の印伝オリジナルポーチを購入できる(http://100.joshibidosokai.net/goods/)。

MIMURI トートバッグ

女子美×印傳屋 オリジナルポーチ(赤)

■期間(青のかけ橋 / 会報誌からたどる100年のあゆみ)
1期:2017年4月17日(月)〜5月22日(月)
2期:2017年6月2日(金)〜6月28日(水)

■開催場所
1期:女子美アートミュージアム
神奈川県相模原市南区麻溝台1900 女子美術大学 相模原キャンパス

2期:女子美ガレリアニケ・110周年記念ホール
東京都杉並区和田1-49-8 女子美術大学 杉並キャンパス1号館 1F

■問い合わせ先:
一般社団法人女子美術大学同窓会
url. http://www.joshibidosokai.net/