錦繍山太陽宮殿を参拝した金正恩氏(2016年4月16日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長は15日、太陽節(故金日成主席の生誕記念日)105周年に際して、錦繍山太陽宮殿を参拝した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、金永南(キム・ヨンナム)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の各氏をはじめ党、国家、軍隊の責任幹部や政権機関、内閣、勤労者団体、省、中央機関の幹部が参加した。

金正恩党委員長は、金日成主席と金正日総書記の遺体が安置されているそれぞれの永生ホールで、「最も敬けんな気持ちで崇高な敬意を表し、あいさつした」と同通信は伝えた。