北朝鮮の首都・平壌で行われた軍事パレードに登場した弾道ミサイル。国営朝鮮中央通信(KCNA)配信(2017年4月16日配信)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】H・R・マクマスター(H.R. McMaster)米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は16日、北朝鮮が同日行ったミサイル発射実験を受けて「中国指導部を含め、この状況が続いてはならないという国際的なコンセンサスがある」と警告した。米ABCニュース(ABC News)とのインタビューで語った。

 東アジアでの緊張が急激に高まる中、マクマスター補佐官は米国と同盟国が「軍事的オプションを除く」あらゆる選択肢を検討していると述べた。ただ、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権は軍事的オプションも排除していない。

 米韓の国防当局によると今回の北朝鮮のミサイル発射実験は失敗したが、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が6回目の核実験に踏み切ると伝えられており、動向が引き続き注視されている。

 北朝鮮の核・ミサイル問題への対応を協議するため16日から韓国の首都ソウル(Seoul)を訪れているマイク・ペンス(Mike Pence)米副大統領も北朝鮮によるミサイル発射実験を「挑発」と非難し、米政府は韓国を北朝鮮の脅威から守るため全面支援すると表明した。
【翻訳編集】AFPBB News