2017年4月15日(土)・16日(日)東京臨海副都心青梅地区特設会場セントラル広場にて「モータースポーツジャパンフェスティバル・イン・お台場」が開催されました。

会場はとても広く、自慢のレプリカカーやヒストリックカーが集まる「カルチャー&レジェンドゾーン」、運転講習会やジャーナリストの横で新車を体験する試乗会に参加できる「エクスペリエンスゾーン」、レーシングカーの展示やデモ走行を実施する「アクティブゾーン」の3エリアに分かれていたのですが、モータースポーツ好きの私が気になったのはやっぱり「アクティブゾーン」。

こちらにある特設サーキットではレースカーやラリーカー、D1マシン、トライアルバイクなどのデモンストレーション走行や同乗走行が行われました。実はこの特設サーキット、お客さんとの距離がめちゃくちゃ近いんです! 目の前で見る走行は、サーキットでは味わえない迫力です。

場内には国産自動車メーカー8社/9ブランド、輸入インポーター3社/4ブランド、そして数多くの関連メーカーや出版社のブースが会場を盛り上げました。

三菱ブースでは、2017年ジュネーブモーターショーで発表されたばかりの新型コンパクトSUVエクリプス クロス(海外仕様車)が日本初公開! 真っ赤なエクリプスは高級感も存在感も抜群で、横に立って記念撮影をする方もたくさんいましたよ。

輸入車コーナーでは、メルセデス・ベンツ、BMW/MINI、Audiの3メーカーが出展。皆さん、写真を撮ったり車内を覗いたりと興味深々でした。

 

乗用車だけでなくレーシンングカーもたくさん展示されていて、テンションMAX!

トヨタブースには、今シーズンからWRCに復帰し第2戦ラリー・スウェーデンで見事優勝したYaris WRC(テスト車両)をはじめ、TS050 Hybrid(世界耐久選手権)、CH-R Concept(ニュルブルクリンク24時間耐久レース)、SF13(スーパーフォーミュラ)など国内・国外で活躍しているマシンがずらり。モータースポーツに力を入れているトヨタの気持ちがビシビシと伝わってきました!

また、タイヤを使ったボーリングや公式グッズSHOP、スペシャルステージなど子供から大人まで楽しめるブースになっていました。

スバルブースではドライバートークショーが行われていました。トークショーに登場したのはスーパーGT300ドライバーの井口卓人選手と山内輝選手、そしてラリードライバーの新井敏弘選手と勝田範彦選手。

ドライバーを一目見ようと、ステージの周りはたくさんのファンの方で溢れかえっていましたよ。それにしても、ドライバーとの距離が近い! トークショーに参加された方、最高の思い出になったのではないでしょうか。

様々なブースがありましたが、特に面白かったのがホンダブース。なんと、ここではドライバーやライダーになりきれちゃうんです!! 昨年のF1マシン(MP4-31)の下には疑似サーキットが! タイヤ跡まであり本格的です。

実物のトライアルバイクにまたがれば、そびえ立つ岩の上を舞い、土の急斜面を駆けあがるトライアルライダーに変身です。 しかもこのバイク、前後に傾くので高難易度といわれるテクニック、前輪を持ち上げるウィリーと、後輪を高く跳ね上げるジャックナイフまで体験できちゃうんです! かなり急な角度で傾くバイクを見て、ライダーの凄さを改めて実感しました。

他にも、NSXコックピット体験やF1で使用しているタイヤを実際に持って重さや感触を確かめたりと、貴重な体験がたくさんできました。

そして会場で一番目立っていたであろう、ヒノブースの日野レンジャーダカールラリー参戦車。デモ走行も行ったのですが、想像以上の速さにびっくり! 特設サーキットを走る姿は、まるで恐竜のようでした。

 

日産ブースには、2008年スーパーGTチャンピオンマシンのNISSAN GT-R SUPER GT 2008や、1964年5月3日の第2回日本グランプリ「GT-競譟璽后廚任良勝を期してプリンス自工が制作したスペシャルマシン、PRINCE SKYLINE GTなども展示されていましたよ。

モータースポーツのイベントって、サーキットでやることがほとんど。サーキットまではクルマがないと行けないし遠くて時間もかかるなぁ……と気軽には参加できないですよね。でも、毎年お台場で開催されるモータースポーツジャパンは電車でもクルマでもOK!

また、観光やショッピングなどでたくさんの人が集まるお台場で「おっ!何かやってる!入場無料だし覗いてみよう!」と誰でも気軽に参加でき、しかもプロドライバーやライダーのパフォーマンスを目の前で見ることができちゃう、他のイベントとは一味違う魅力的なイベントでした。

今年の来場者は2日間で121,664人(公式ホームページより)! このイベントを通してクルマやモータースポーツに興味を持つ人が増えたら嬉しいなと思いました。

(yuri)

見て、乗って、なりきって!? 誰でも気軽に参加できるのが魅力的!【モータースポーツジャパン2017フェスティバル・イン・お台場】(http://clicccar.com/2017/04/17/463769/)